今日の迷言・余言・禁言

妙な郷愁をそそる「13星座」占い

NASAが発表した「黄道は12星座ではなく13星座である」という事実が、一部の人達に誤解を与え「“12星座占い”が“13星座占い”に変わるらしい」という噂が世界的に流れたらしい。まるで20年前のようだ。つまり90年代の半ばころ、一時的に「13星座占い」のブームがあったのだ。どの女性雑誌も「13星座占い」を掲載するという奇妙なブームだった。けれども、そのブームはあっという間に消えていった。すべての雑誌が「13星座占い」などなかったかのように「12星座」に戻った。多分、優秀な天文学者が打ち立てた“新仮説・13星座占い”は既存の占い信望者たちを惹きつけるだろう…という期待先行の企画が、あまりのブーイングに頓挫してしまったのだ。NASAの発信者は、この“過去のブーム”を知らない若者だったのだろうか。それとも、もちろん知っていて“ブラックユーモア感覚”で載せてみたのだろうか。それに追随した若者たちは、確実に“初耳”として拡散したのだろう。世代が判るような何んとも“むず痒い”話題である。ちなみに「星座占い」は決して科学的なものなどではない。“13星座”だろうが“12星座”だろうが、それをもとに占うことは科学的ではない。なぜなら、天空に描かれる象形は、その象形のものとは何の関係もなく、ただ“その象形に見える”というそれだけのことだからである。たとえば雲の象形でも“ラクダのように見える”とか“ライオンのようの見える”とかがあったりする。それと基本的には同一である。だから、その象形をもとに占うということが科学的であるはずがない。ただし、科学的でないから“占いとして的中しない”というわけでもない。別に、占いが科学的である必要もない。時々、この点を間違えていて、必死に科学的であろうとしている占い師がいるが、そういう人に限って“非科学的な発想”を平気で行い、合理的な理論を否定するものである。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.