今日の迷言・余言・禁言

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明らかに事務所サイドに問題があったと認識せざるを得ない。考えてみれば「アイドル商法」花盛りの現在、多くの児童が“アイドル”として働いている。当然のことながら、彼女たちは学業と仕事を両立させていかなければならない。自殺した萌景さんの場合、中学生で仕事を始めなければならなくなった。そうするとどうなるかというと、高校さえも満足に通えなくなるのだ。もちろん、このような事務所ばかりではなく、学業優先に配慮してくれる事務所(企業)もあるには違いない。けれども、何人ものアイドルグループの中で彼女のような「看板」は通常外せない。ほとんどの場合「アイドル商法」には資金援助するスポンサーが付く。地方放送局や有力プロデューサーが支援する場合もある。つまり、その子がいるから人気があり、人が集まる。企業スポンサーも付く。そうすると各処でのイベント興行でも“その子”を外すわけにはいかなくなるのだ。彼女の場合、通常の高校出席は難しくなったとして通信制の学校に入ったのだ。それでも、日曜日など直接の講義には出席しなければならない。ところが土日というのはアイドルにとっては“かき入れ時”なのだ。イベントが入りやすい。こうして彼女は、通信制の高校さえも満足に出席できなくなってしまった。事務所側に掛け合っても、われわれは契約書にそった仕事の仕方だということではねつけられる。結局、彼女は通信制高校を辞めて、事務所側が勧めた全日制高校へと編入しようとした。最初、入学費用等は事務所側が立て替えるというような話だったようだ。それがいつの間にか、貸せないという話になり、最後は逆に“契約違反”として1億円の要求があった…可能性まで指摘されている。滅茶苦茶なのだ。ただ普通に“高校に通いたい”という願いさえも、この事務所は「契約」をたてにとって無視しようとした。「全国区のアイドルになりたくないのか」という“殺し文句”は、おそらく彼女だけでなく、全国に何千人いるのか知らないが、多くの“無名アイドル達”に発せられているに違いない。何らかの規制が必要な時期に来ていると言えないだろうか。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.