今日の迷言・余言・禁言

季節が“後戻り”するように…

「春が来た!」と思っていたら、またしても冬、窓から見える“雪化粧”にため息をつく朝がある。季節は“後戻り”が好きだ。まるで小悪魔的な少女のように、黒髪をなびかせて通り過ぎていく。冬のコートなのか、春のコートなのか、上着だけで良いのか、毎朝出勤する人達ならば洋服選びに苦慮する時期に違いない。もう何十年も会社勤めをしていない私は、時計と睨めっこしながら朝の用意をするという時代を、今は懐かしく思い出す。人の「運勢」も「季節」と同じような動き方をする。推命学など、元々「干支暦」という“暦”を用いて占うのだから“当たり前”かもしれないが、完全に「今日からもう幸運期ですよ」と明確に教えてはくれないのだ。「干・支」の上では明確でも、実際の生活上ではそれほど単純ではない。なんとなく“不運”から抜け出し“幸運”が来たかに思えながら、またまた“厄介な問題”が起きてきて行く手を遮る。運勢上の“大きな流れ”はなんとなく把握できるものの、小さな“紆余曲折”まで見通すことは中々に難しい。「運命の女神」も小悪魔的な少女のように、行きつ戻りつしながら、季節のように未来へと導くのだ。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.