今日の迷言・余言・禁言

季節が“後戻り”するように…

「春が来た!」と思っていたら、またしても冬、窓から見える“雪化粧”にため息をつく朝がある。季節は“後戻り”が好きだ。まるで小悪魔的な少女のように、黒髪をなびかせて通り過ぎていく。冬のコートなのか、春のコートなのか、上着だけで良いのか、毎朝出勤する人達ならば洋服選びに苦慮する時期に違いない。もう何十年も会社勤めをしていない私は、時計と睨めっこしながら朝の用意をするという時代を、今は懐かしく思い出す。人の「運勢」も「季節」と同じような動き方をする。推命学など、元々「干支暦」という“暦”を用いて占うのだから“当たり前”かもしれないが、完全に「今日からもう幸運期ですよ」と明確に教えてはくれないのだ。「干・支」の上では明確でも、実際の生活上ではそれほど単純ではない。なんとなく“不運”から抜け出し“幸運”が来たかに思えながら、またまた“厄介な問題”が起きてきて行く手を遮る。運勢上の“大きな流れ”はなんとなく把握できるものの、小さな“紆余曲折”まで見通すことは中々に難しい。「運命の女神」も小悪魔的な少女のように、行きつ戻りつしながら、季節のように未来へと導くのだ。


最近の記事はこちら

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

“過去は幻”として選択した「ビートたけし」

私が「こいつはスゴイ‼」と驚いたのは、まだ世間的には「ビートたけし」の名が浸透していない頃であった。何気なく見た番組で吉田拓郎氏がゲストとして呼んだのがTVに出始めたばかりのビートたけし氏であった。そ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.