今日の迷言・余言・禁言

“官能作家”を目指していた?石川啄木

『週刊現代』で歌人・石川啄木の“もう一つの顔”を描写する『啄木・ローマ字日記』からの人物評が掲載されている。その中で石川啄木は“清貧の中で死んだ不遇の天才”ではなく、“妻子を養うこともせず借金して遊郭に遊んだゲス男”であるとこき下ろしている。う~ん、手厳しい。確かに『ローマ字日記』のストーリーだけ追えば、その通りの日常が“浮かび上がって”来るのは事実だ。要するに2か月余りの日記内容は、ローマ字でつづられている日々の出来事で、啄木自身は出版されることになろうなどとは夢にも思わず、書き記していたものだ。なぜ、ローマ字で記したのかと言えば、妻に内容を悟られたくなかったからだと、彼自身が述べている。しかも、本来は遺品として“燃やしてほしい”と妻に依頼していた日記なのだ。それがどうして出版となったのか奇妙だが、この日記で興味深いのは、彼が江戸時代の“官能小説”をそのままノートに筆写していると書かれていることだ。しかもローマ字で筆写している。この“官能小説”は、ひたすらsexに明け暮れる内容で、最後は“乱交”となって終わるという仕立てになっている。それを3時間もローマ字で筆写しているのだ。なぜ、そんなことをしたのか、週刊誌上では“エロいゲス男だからだ”というような捉え方だが、私は異なる。3時間もローマ字で筆写するのは、その表現や内容を的確に把握したいからで、当時、作家を目指していた啄木にとっては“官能小説家”となって人気を得るための“勉強”のためではなかったか。遊郭に通ったのも、実際にさまざまな性愛を試すための手段ではなかったかと思えるのだ。なぜなら、その日記によれば、彼は“フィストファック”など特殊な性行為を試みているからだ。実践せず“官能描写は書けない”と思った彼は、ひたすら遊郭で“実体験”を積もうとしていたのだ。だからこそ「妻を愛している…だから読ませたくない」と記してもいるのだ。実際、この当時、彼は次々と小説を書いたが、どの出版社も取り合ってくれなかった。彼は仕方がなく、自分への慰めとして「短歌」も書いた。彼にとって、短歌は“仕事”ではなかった。同時に“官能小説”であれば“原稿料”を得られるかもしれない。そういう思いからの“エロくない筆写”だったのだ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.