今日の迷言・余言・禁言

定例会見で試される「社長の器」

最近のアナウンサーというのは、時としてタレント以上にマスコミからの注目を浴びる。したがって大きなスキャンダルが出た場合、週刊誌などからの格好の餌食となる。2019年12月「週刊文春」が、テレビ東京の人気女子アナウンサーだった鷲見玲奈氏の同局内既婚アナとの「不倫疑惑」を大々的にスクープした。その直前、なぜか既婚男性アナは営業部へと異動となり、鷲見玲奈アナも生放送を続けて欠席した。そして、その後に3月いっぱいでテレビ東京を退局し、女子アナの宝庫「セント・フォース」入りして、フリーとなることが公表された。何となく、疑惑を肯定するかのような動きであった。けれども、今回行われたテレビ東京の“定例会見”に出席した小孫茂社長は、一連の質問に対して、実に見事な対応をしている。TV局社長の定例会見というのがいつから始まったのか知らないが、大体は“レギュラー番組の改編”などとは違ったところにマスコミは食いつく。そういう部分の質問に対しては、本来ならば適当に受け流しても構わない。けれども今回の小孫社長は違った。その対応をスポーツ報知が詳しく報じている。なぜスポーツ報知が詳しく報じたのかというと、担当記者が、過去において“改編会見”を仕切っていた鷲見玲奈アナのMCぶりを高く評価していたからである。担当記者が何度も挙手しても質問できず終った時、駆け寄って来て「せっかく挙手していたのに当てられなくて申し訳ありません」と頭を下げたという。その鷲見玲奈氏が「不倫疑惑」で退社に追い込まれた。社内の聞き取り調査で“否定した”なら、“異動”や“退局”はおかしいということになる。その部分を追及されても、小孫社長は本人たちの言葉を信じ“不倫疑惑”そのものを完全否定し、そのうえで「本人の希望で退局されると聞いた」と言い「本人の希望を最大限優先したい」と続け「今日集まったメディアの皆さんも、新天地で活躍できるよう応援してあげていただければありがたい」と結んだのだ。五輪中継のメインキャスターの候補でもあった鷲見アナが抜けるのは、決して本意ではないはずなのに「他にも優れた人材はたくさんおりますから…」と最後まで、受けて立った。マスコミ人がマスコミ人相手の受け答えとして、これ以上はないような素晴らしい「社長の器」を垣間見せてくれた。


最近の記事はこちら

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.