今日の迷言・余言・禁言

宝石のオマケ付き⁉「ベルばら」カレー

時々どうしてコラボしているのかわからない商品が出る。昨日、宝塚北サービスエリアだけで“限定販売”され出した「ベルサイユのばらカレー」もそうだ。漫画『ベルサイユのばら』をイメージした“ご当地カレー”を宝塚市で出す、という発想は十分に理解できる。ただ、それを企画したのは宝石小売業「ジュエリーカミネ」という企業。そこが“ベルばら”の作者・池田理代子氏の監修とし、彼女のプロダクションとコラボして“レトルトカレー”を発売するというのが今一つピンとこない。宝石の小売業なら、池田氏とコラボして“ベルばらジュエリー”を企画・販売した方が良いような気がするのだが…。それとも、もう、それはとっくに手掛けていて、プラスアルファということでの企画商品なのだろうか。このレトルトカレーだが、パッケージにはもちろんオスカル&マリー・アントワネットが描かれ、魚介エキスと白ワインとクリーム、それに国内生産の野菜(フランス産ではない⁉)だけで作られている…というところが“売り”であるらしい。製造そのものは、レトルト食品を多く扱っている「キャニオンスパイス」に委託されて出来上がった商品だ。自分たちで製造したわけではない。そういう意味でも、本来は宝石小売業の企業が、なぜ“ベルばらカレー”なのかが今一つわからない。もし、この“ベルばらカレー”に、オマケとして少女雑誌やグリコ製品の付録のような“宝石”が付いてきたなら、多少、高価でも(高価とはいっても、まあ1200円くらいだけどね)興味半分で楽しく購入する人が続出することだろう。別に本物の“宝石”を期待しているわけではない。ベルばらのイメージなのだから、しかも宝石の企業なのだから、それくらいした方が池田理代子氏とのコラボ企画として“宝塚ファン”からも求められる商品となるような気がするのだ。それに、そのカレーを食べて成長した少女は、その“宝石のお店”まで“付録のイヤリング”をして、本物の宝石を買いに行くかもしれない。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.