今日の迷言・余言・禁言

家は焼かれ、女性は暴行され、子供は殺される

ミャンマーの最高指導者は言わずと知れたアウン・サン・スー・チー氏である。ノーベル平和賞の受賞者だ。そのスー・チー氏が“黙認”しているのがミャンマー西部のラカイン州に100万人近くいるとされる少数民族ロヒンギャ族の難民問題である。少数民族である彼らは未だに「国民」として認められていないのだ。出生しても“無国籍”のままなのだ。現在、ラカイン州は治安部隊と武装勢力との戦闘が続いていて、それに少数民族が巻き込まれ、とても暮らせる状態ではない。8月25日に始まった戦闘状態では、家は焼かれ、女性は暴行され、子供は殺される状態が続いている。安全な場所など、どこにもない。だから、国境を超え、逃げ延びるしかないのだ。元々、タイとか、インドネシアとか、バングラデシュとか、近隣へと逃れて生き延びてきた。ただ今回は余りにも多くの難民が一挙に隣国バングラデシュ南東部へと押し寄せ、支援が間に合わない状態が続いている。一番の問題は宗教で、ミャンマーは元々仏教国だが、ロヒンギャ族はイスラム教徒である。圧倒的に多い仏教徒の方を優遇するのは仕方がないのかもしれない。但し、“国民として認めない”というのは「ノーベル平和賞」受賞者のすることではない。彼女は、この問題に対して、何らの手助けもしていない。何んと冷酷な「ノーベル平和賞」受賞者であろうか。シャフイカ・ベギュムさんは生後8日の娘を抱えた母親だが、4人の子供たちを連れて戦火を逃れてきた。食糧支援車に近づいたが難民が殺到し、食料は得られなかった。夫は本国に残っている。「いたるところで拷問が行われている、逃げるしかなかった、私が食べないと、この児の命を救うことが出来ない」と途方に暮れている。ミサイルが“怖い”と言いながらも、どこか日本は平和である。少なくとも、どんな宗教の人達でも「国民」として認められる。そう私たちは「日本国」に守られ生きている…。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.