今日の迷言・余言・禁言

家は焼かれ、女性は暴行され、子供は殺される

ミャンマーの最高指導者は言わずと知れたアウン・サン・スー・チー氏である。ノーベル平和賞の受賞者だ。そのスー・チー氏が“黙認”しているのがミャンマー西部のラカイン州に100万人近くいるとされる少数民族ロヒンギャ族の難民問題である。少数民族である彼らは未だに「国民」として認められていないのだ。出生しても“無国籍”のままなのだ。現在、ラカイン州は治安部隊と武装勢力との戦闘が続いていて、それに少数民族が巻き込まれ、とても暮らせる状態ではない。8月25日に始まった戦闘状態では、家は焼かれ、女性は暴行され、子供は殺される状態が続いている。安全な場所など、どこにもない。だから、国境を超え、逃げ延びるしかないのだ。元々、タイとか、インドネシアとか、バングラデシュとか、近隣へと逃れて生き延びてきた。ただ今回は余りにも多くの難民が一挙に隣国バングラデシュ南東部へと押し寄せ、支援が間に合わない状態が続いている。一番の問題は宗教で、ミャンマーは元々仏教国だが、ロヒンギャ族はイスラム教徒である。圧倒的に多い仏教徒の方を優遇するのは仕方がないのかもしれない。但し、“国民として認めない”というのは「ノーベル平和賞」受賞者のすることではない。彼女は、この問題に対して、何らの手助けもしていない。何んと冷酷な「ノーベル平和賞」受賞者であろうか。シャフイカ・ベギュムさんは生後8日の娘を抱えた母親だが、4人の子供たちを連れて戦火を逃れてきた。食糧支援車に近づいたが難民が殺到し、食料は得られなかった。夫は本国に残っている。「いたるところで拷問が行われている、逃げるしかなかった、私が食べないと、この児の命を救うことが出来ない」と途方に暮れている。ミサイルが“怖い”と言いながらも、どこか日本は平和である。少なくとも、どんな宗教の人達でも「国民」として認められる。そう私たちは「日本国」に守られ生きている…。


最近の記事はこちら

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

「アマチュア」&「セミプロ」の時代

ネットのニュースでは「とらのあな」の“美人妻”が話題になっている…と報道されていたが、それよりも私は同人誌や漫画関連グッズを販売している「とらのあな」が、年商「230億円」の大企業に成長していることを…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.