今日の迷言・余言・禁言

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不倫相手の上山真生容疑者(29歳)と実母と三人がかりで“絞め殺していた”ことになる。これまで富士子容疑者は41歳の時、我が子の同級生であった横山麗輝氏(当時20歳)と結婚していたことが注目されてきた。女性の方が夫より21歳も年上で、しかも息子の同級生を夫としていたケースが稀だからである。けれども、富士子の結婚生活はそこで終わらなかった。“夫殺し”という形で、5回目の結婚を終わらせたのである。そう5回目だったのだ。しかも、死別した夫が他にもいるのだ。もちろん、今の段階では、あくまでも現夫である麗輝氏を殺害した容疑のみである。ただ、事件後のインタビューで彼女は“殺した犯人”を「難いですね。殺してやりたいですね」とまで言っている。自分自身が殺しながら、そう言うことを言える人間なのだ。しかも、通常なら“うちひしがれている時期”に横山氏の父親に対して“保険金の放棄”の手続きを促している。実は殺された麗輝氏は、最初自宅で義母と不倫男の二人に襲われた。それで必死に抵抗し、逃げ延びて、富士子容疑者が経営するスナック「モモ」に逃げ込んだのだ。ところが富士子容疑者は、そこで彼に対して睡眠薬を混ぜたアルコールを飲ませて、その後で絞殺したと推測されている。まるで「殺人集団」に捕まったドラマのような殺され方ではないか。しかも、富士子の店に逃げ込んだということは、彼女が“殺そうとしていた”ことなど全く考えていなかったことの証である。それが何とも哀しい。そして、このような富士子が、これまでの間に5回も結婚し、その中には“死別”も含まれていることを見過ごして良いのか。4回以上結婚する女性には、やはり何かがあるような…。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.