今日の迷言・余言・禁言

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不倫相手の上山真生容疑者(29歳)と実母と三人がかりで“絞め殺していた”ことになる。これまで富士子容疑者は41歳の時、我が子の同級生であった横山麗輝氏(当時20歳)と結婚していたことが注目されてきた。女性の方が夫より21歳も年上で、しかも息子の同級生を夫としていたケースが稀だからである。けれども、富士子の結婚生活はそこで終わらなかった。“夫殺し”という形で、5回目の結婚を終わらせたのである。そう5回目だったのだ。しかも、死別した夫が他にもいるのだ。もちろん、今の段階では、あくまでも現夫である麗輝氏を殺害した容疑のみである。ただ、事件後のインタビューで彼女は“殺した犯人”を「難いですね。殺してやりたいですね」とまで言っている。自分自身が殺しながら、そう言うことを言える人間なのだ。しかも、通常なら“うちひしがれている時期”に横山氏の父親に対して“保険金の放棄”の手続きを促している。実は殺された麗輝氏は、最初自宅で義母と不倫男の二人に襲われた。それで必死に抵抗し、逃げ延びて、富士子容疑者が経営するスナック「モモ」に逃げ込んだのだ。ところが富士子容疑者は、そこで彼に対して睡眠薬を混ぜたアルコールを飲ませて、その後で絞殺したと推測されている。まるで「殺人集団」に捕まったドラマのような殺され方ではないか。しかも、富士子の店に逃げ込んだということは、彼女が“殺そうとしていた”ことなど全く考えていなかったことの証である。それが何とも哀しい。そして、このような富士子が、これまでの間に5回も結婚し、その中には“死別”も含まれていることを見過ごして良いのか。4回以上結婚する女性には、やはり何かがあるような…。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.