今日の迷言・余言・禁言

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不倫相手の上山真生容疑者(29歳)と実母と三人がかりで“絞め殺していた”ことになる。これまで富士子容疑者は41歳の時、我が子の同級生であった横山麗輝氏(当時20歳)と結婚していたことが注目されてきた。女性の方が夫より21歳も年上で、しかも息子の同級生を夫としていたケースが稀だからである。けれども、富士子の結婚生活はそこで終わらなかった。“夫殺し”という形で、5回目の結婚を終わらせたのである。そう5回目だったのだ。しかも、死別した夫が他にもいるのだ。もちろん、今の段階では、あくまでも現夫である麗輝氏を殺害した容疑のみである。ただ、事件後のインタビューで彼女は“殺した犯人”を「難いですね。殺してやりたいですね」とまで言っている。自分自身が殺しながら、そう言うことを言える人間なのだ。しかも、通常なら“うちひしがれている時期”に横山氏の父親に対して“保険金の放棄”の手続きを促している。実は殺された麗輝氏は、最初自宅で義母と不倫男の二人に襲われた。それで必死に抵抗し、逃げ延びて、富士子容疑者が経営するスナック「モモ」に逃げ込んだのだ。ところが富士子容疑者は、そこで彼に対して睡眠薬を混ぜたアルコールを飲ませて、その後で絞殺したと推測されている。まるで「殺人集団」に捕まったドラマのような殺され方ではないか。しかも、富士子の店に逃げ込んだということは、彼女が“殺そうとしていた”ことなど全く考えていなかったことの証である。それが何とも哀しい。そして、このような富士子が、これまでの間に5回も結婚し、その中には“死別”も含まれていることを見過ごして良いのか。4回以上結婚する女性には、やはり何かがあるような…。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.