今日の迷言・余言・禁言

小さな「疑い」と「救済」が増える⁉

世の中が“暗い世相”に変わっていくと、ニュースとして扱われる社会的な事件にも、世相を反映し、ちょっとした“暗い出来事”が多くなってくる。例えば昨日、北海道では次のような“二つの事件”があった。その一つは札幌の繁華街で、美容室の経営者とそこにやって来た客との間で“コロナ騒ぎ”が起こった。外部からの110番通報で「コロナ患者が来たとか、そうじゃないとかで、美容室が騒動になっている」との連絡を受け、防護服に身を包んだ警察官たちがやってきた。ところが、よくよく話を聞くと、客が順番を待っている間に店側から退去させられる格好となり「私のことコロナだとでも思っているの⁉ そうなんでしょ⁉」ということで、店側は「そうじゃないですけど、一応、何回も咳をされると困るので…」ということで、警察まで出動する騒動に発展したらしい。結局、客は何でもなかったらしいのだが、念のため、店内は消毒して終わったという。何となく、双方の気持とも解からないではない。もう一つの事件は、岩見沢市内で起こった。90代の老夫婦が暮らしている民家の裏口から、突如、昼間に見知らぬ男が入って来たのだ。それもノコギリを振り回しながら入って来たのだ。「ご飯をくれ‼ ご飯をくれ‼」ノコギリ男は騒いだ。そこで仕方なく、奥さんはノコギリ男のためにご飯を用意した。男は眼の色を変えてそれをパクつき、ご飯のお替りまで要求した。そうして、食べ終わると今度は「金をくれ‼」と騒いだ。そこで、90代の奥さんは財布から2000円を渡した。男は黙って受け取ると、立ち去ろうとしたが、思い出したようにポケットの中から“マスク10枚”を出して、テーブルに置いた。必要なこと以外は言わない男だった。そうして「黙っていろよ」とでもいうように、一瞬だけノコギリを向け、それから足早に去っていったのだ。この“二つの事件”は、客観的に捉えると面白いのだが、事件の当事者たちにとっては、決して笑えるような出来事ではない。そして、多少、形は変わるかもしれないが、同じような事件や出来事がこれから続々と報告されそうな気がする。こういう状態が長く続くと、誰もが似たような体験をするかもしれないのだ。


最近の記事はこちら

「日本の母」から「我が児の母」へ

人生において、人はときどき「方向転換」をする。それは“意識的”に行われることもあれば“無意識的”に行われることもある。私は、この人は多分“無意識”にそれを行ったのだと思う。つまり「日本の母」になること…続きを読む

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.