今日の迷言・余言・禁言

小さな「疑い」と「救済」が増える⁉

世の中が“暗い世相”に変わっていくと、ニュースとして扱われる社会的な事件にも、世相を反映し、ちょっとした“暗い出来事”が多くなってくる。例えば昨日、北海道では次のような“二つの事件”があった。その一つは札幌の繁華街で、美容室の経営者とそこにやって来た客との間で“コロナ騒ぎ”が起こった。外部からの110番通報で「コロナ患者が来たとか、そうじゃないとかで、美容室が騒動になっている」との連絡を受け、防護服に身を包んだ警察官たちがやってきた。ところが、よくよく話を聞くと、客が順番を待っている間に店側から退去させられる格好となり「私のことコロナだとでも思っているの⁉ そうなんでしょ⁉」ということで、店側は「そうじゃないですけど、一応、何回も咳をされると困るので…」ということで、警察まで出動する騒動に発展したらしい。結局、客は何でもなかったらしいのだが、念のため、店内は消毒して終わったという。何となく、双方の気持とも解からないではない。もう一つの事件は、岩見沢市内で起こった。90代の老夫婦が暮らしている民家の裏口から、突如、昼間に見知らぬ男が入って来たのだ。それもノコギリを振り回しながら入って来たのだ。「ご飯をくれ‼ ご飯をくれ‼」ノコギリ男は騒いだ。そこで仕方なく、奥さんはノコギリ男のためにご飯を用意した。男は眼の色を変えてそれをパクつき、ご飯のお替りまで要求した。そうして、食べ終わると今度は「金をくれ‼」と騒いだ。そこで、90代の奥さんは財布から2000円を渡した。男は黙って受け取ると、立ち去ろうとしたが、思い出したようにポケットの中から“マスク10枚”を出して、テーブルに置いた。必要なこと以外は言わない男だった。そうして「黙っていろよ」とでもいうように、一瞬だけノコギリを向け、それから足早に去っていったのだ。この“二つの事件”は、客観的に捉えると面白いのだが、事件の当事者たちにとっては、決して笑えるような出来事ではない。そして、多少、形は変わるかもしれないが、同じような事件や出来事がこれから続々と報告されそうな気がする。こういう状態が長く続くと、誰もが似たような体験をするかもしれないのだ。


最近の記事はこちら

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

「都知事選」を盛り上げる堀江氏の立候補⁉

元ライブドア社長で現在はいろいろ手掛ける堀江貴文氏の動向が注目されている。「都知事選」に“立候補する”ともっぱらの噂なのだ。本人は何も言っていないので「N党」の“話題集め”という見方もある。ただ堀江氏…続きを読む

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点…続きを読む

「鬼滅の刃」を抑えて「マンガ大賞」を得た作品

5月21日から熊本市現代美術館で再開されるのが漫画家・高浜寛氏による“企画展”である。元々、文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して2月22日に始まった“企画展”だったが、途中“コロナ騒動”で休止…続きを読む

新たな「温泉」が誕生するかも…⁉

同じ地震でも「震度4」と「震度5」とでは、ニュース報道の扱いが異なる。「震度4」までは“地元のニュース”に留まることが多い。けれども、それが何回も続いて発生するとなれば、話は別だ。長野県と岐阜県との県…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.