今日の迷言・余言・禁言

小学校内での“宴会芸”は犯罪

「アキラ100%」という名の芸人が受けている。昔からあった“盆を使って局部を隠す芸”の現代版だ。少しも新しくなどないが“宴会芸”としては面白い。ただ学校内でやるようなことではない。ましてや小学校の教師が女生徒に向かって“強要する”ような芸ではない。ところが、これを行って逮捕された教論(29歳)がいる。そうかと思うと、女児のわいせつ画像を大量に保有し、それをインターネットを使って一般公開し、“児童ポルノ禁止法違反”で逮捕された小学校教論(34歳)もいる。小学校内で複数回にわたって十代女児の身体を触るなどして“強制わいせつ”で逮捕された教論(31歳)もいる。また学校内ではないが、14歳少女を“強姦”して逮捕された高校教論(27歳)もいる。すべて最近の出来事なので、一応、名前は伏せた。いずれも20代や30代の若い教師たちだ。多分、ストレスと性的欲求が溜まっているのだ。それは理解できないこともないが、自らの“神聖な職場内”で行ってはいけない。それよりも問題なのは、“少女愛→少女性愛”の強い男性たちが“教職”に就いているという事実である。小学校や中学校の教師になるということは、多少なりとも子供たちに対しての“愛情”を抱く部分が無ければならない。そうでなければ“愛を注ぐ教育”は出来ないからだ。この点をはき違えると、愛情豊かな若い男性教師全般の排斥運動につながるから注意しなければならない。けれども、それが“性愛”にまで転じてしまったのなら、どうしても問題が出て来る。この“境界線”をしっかりと見極め、新任教師たちにきちんと認識させられるかが、今後の採用現場での課題のような気がする。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.