今日の迷言・余言・禁言

小学校内での“宴会芸”は犯罪

「アキラ100%」という名の芸人が受けている。昔からあった“盆を使って局部を隠す芸”の現代版だ。少しも新しくなどないが“宴会芸”としては面白い。ただ学校内でやるようなことではない。ましてや小学校の教師が女生徒に向かって“強要する”ような芸ではない。ところが、これを行って逮捕された教論(29歳)がいる。そうかと思うと、女児のわいせつ画像を大量に保有し、それをインターネットを使って一般公開し、“児童ポルノ禁止法違反”で逮捕された小学校教論(34歳)もいる。小学校内で複数回にわたって十代女児の身体を触るなどして“強制わいせつ”で逮捕された教論(31歳)もいる。また学校内ではないが、14歳少女を“強姦”して逮捕された高校教論(27歳)もいる。すべて最近の出来事なので、一応、名前は伏せた。いずれも20代や30代の若い教師たちだ。多分、ストレスと性的欲求が溜まっているのだ。それは理解できないこともないが、自らの“神聖な職場内”で行ってはいけない。それよりも問題なのは、“少女愛→少女性愛”の強い男性たちが“教職”に就いているという事実である。小学校や中学校の教師になるということは、多少なりとも子供たちに対しての“愛情”を抱く部分が無ければならない。そうでなければ“愛を注ぐ教育”は出来ないからだ。この点をはき違えると、愛情豊かな若い男性教師全般の排斥運動につながるから注意しなければならない。けれども、それが“性愛”にまで転じてしまったのなら、どうしても問題が出て来る。この“境界線”をしっかりと見極め、新任教師たちにきちんと認識させられるかが、今後の採用現場での課題のような気がする。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.