今日の迷言・余言・禁言

小指の短さと、シングルマザーの増加

何年か前、アメリカのニュースで10代半ばのシングルマザーが増えてきているという報告があった。それを知った時、日本でも、そのうちそういう時代が来るのだろうか、と不安になった。さすがに日本では10代半ばはまだまだ少ないが、20歳前後になると急速に増えて来るのがシングルマザーだ。昨日も、若いシングルマザーの女性が外出中に、内縁で同棲中の男性が乳児を殺害するという事件が起こった。最近、この手の事件・犯罪が多い。日本では、まだまだシングルマザーに対しての社会環境が整っているとはいいがたい。シングルマザーが働きに出ようとする場合、シングルマザーが新たな男性と恋愛・結婚しようとする場合、その女性が暮らす地域や親兄弟が、それをサポートする状態にあるケースは少ない。つまり、乳幼児がいる場合、よほど恵まれた環境にある人は別にして、仕事も、恋愛・結婚も、スムーズには行かないのが現状だ。芸能人などで一部特殊な人達が、シングルマザーでありながら“華やかな生活”をブログなどで公開している。それをそのまま自分の生活に当てはめようとしても、上手くいくはずがない。大体、仕事にしても乳幼児がいる場合、その子を長時間預かる環境が整っていないと、本格的に働き出すのは不可能だ。その点だけからいえば子供は“邪魔な存在”になる。一部、夜の仕事などでは、そういう女性のため託児所を用意してくれている親切な職場もある。通常は無理な話なのだ。恋愛・結婚にしても、子供がそれなりの年齢に達すれば可能だが、まだ乳幼児の時にはなかなか難しい。ところが、シングルマザーの中には、そんなことにはお構いなく、次々と恋愛・同棲する行動的な女性もいる。そういう女性に小指の短い女性が多い。自分の恋愛・同棲の方が、乳幼児の子育てよりも重要という人達だ。ここでも時に子供は“邪魔な存在”になる。そして、彼女たちと恋愛・同棲する男性たちの多くが若い。もちろん、それまでに結婚も出産・子育ても経験がない。だから、事実上、乳幼児がいても勝手がわからない。扱い方が解からないのだ。しかも、自分の子ではないから、愛情もわかない。そうすると、別に“虐待”の意識が無くても、ぞんざいに扱う。この“ぞんざいな扱い”が乳幼児を死に至らしめる。傍に居る誰かが、その部分に気付いてあげないと、この種の事件は無くならない。


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.