今日の迷言・余言・禁言

小柄で茶目で縮れっ毛が「縄文人」

日本の“先住民”ともいうべき「縄文人」のDNAを分析していた国立科学博物館などの研究チームが、3500~3800年前に生存していた女性の歯の遺伝子から、彼らが常に小集団で移動しながら生活し、狩猟による肉食を中心とした食生活をし、その身長は140センチ前後で瞳は茶色、細い縮れ毛でアルコールに強い体質を持っていたことを突き止めた。顔の復元も行っているが、眉骨高く、眼窩凹み、顔の横幅広く、口唇大きく、法令線クッキリとして、観相学的には闘争本能が強く生活力の強い顔立ちといえる。このような「縄文人」の遺伝子が伝わっている可能性ある日本人は現在では10%前後、アイヌ民族では70%くらいであるという。したがって、現在の日本人で、小柄で茶目で細い縮れっ毛を持ち、アルコールに強く、肉食好きな人は間違いなく「縄文人」の祖先をもっていたことになる。言ってみれば日本の先住民ともいうべき血統を備えている“生まれ”なのだ。アイヌ民族の方達は、眼窩凹み、顔の横幅が広く、口唇大きく…という部分は似ているといえるかもしれない。ただ「茶目」や「細い縮れっ毛」ではない。人種や民族という点からいうと、アイヌ民族と沖縄の先祖の方達は、同じ日本列島でも“異なった遺伝子”を持っているよう感じられる。今回の研究対象となった人物が、3500~3800年前に生存していた女性で、そんなに遠くない。それなのに、その後「弥生人」が入ってきて、やがて「現在の日本人」に繋がっていくのだとしたら、われわれ多くの“一般的日本人”はまだまだ「新顔」で、出来上がって間もない種族というか民族というか、新しい時代になって誕生していることになる。言ってみれば、元々の先住民ともいうべき「縄文人」や「弥生人」の土地を“間借り”させてもらっているような立場で、或る意味ではみんなで“シェアハウス”しているのだともいえる。だから、飲み屋さんに行って、小柄で茶目で縮れっ毛でアルコールに滅茶苦茶強い女性を見たなら、どうぞこれからも「シェアハウス」させてくださいといっておくべきで、新顔なのに“偉そうな顔”で飲んではいけないのだ。


最近の記事はこちら

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるで…続きを読む

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛…続きを読む

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.