今日の迷言・余言・禁言

山のような疑問と「沈黙」

行方不明になっていた7歳の男児が無事発見された。それ自体は大変喜ばしいことで、本当に良かった。ただ謎が多すぎる。私は別なブログで不明が報道された日に、すぐ易占で占い「火天大有の三爻変」を得て「無事に元気で発見される」旨記した。ただもっと早く、消えた近辺の窪地か、或いは“女性に保護されているところ”を発見されるのではないか、と予想していた。いずれにしても“無事で元気な姿”で発見されるもの、と判断していた。したがって、予想は的中とは言えないが、無事であったという点では一応正しい判断をした。ただ、どうも釈然としない。本当に少年は、その日のうちに小屋にたどり着き、そこで7日間も過ごしたのであろうか。まず、警察犬が少年の匂いを嗅いで動きを追えなかった。なぜだ。発見場所まで大人の足で歩いて3時間半から4時間かかる距離であるという。そうすると7歳の少年なら5時間弱はかかるだろう。置き去りにされたのは午後5時過ぎである。つまり発見場所にたどり着くと夜10時近くになる。山道で照明もない。その目的地を知っているなら、寄り道せずに歩き続けられるが、初めての場所だ。しかも暗い夜道だ。地形からいって登り道となる。灯りがなければ建物自体が発見しにくい。柵もある。暗い中で、柵から潜りもめる場所を発見できるだろうか。鍵のかかっていない扉を探すのも大変だ。四か所のうち三か所は施錠されていたのだ。例えば初日はそうだったとして、翌日、黙って、その小屋の中に居続けるであろうか。水しかないのに…。夜は真っ暗なのに…。毛布もないのに…。真っ暗な中を歩き続けてたどり着いたはずなのに、かすり傷程度、発見時に立っていて、普通に会話できたということ…大人でも、7日間飲まず食わずであれば衰弱し、立ってはいられない。生命力の強い子であることは、その人相から判断できる。それは、そうなのだが…。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.