今日の迷言・余言・禁言

島田秀平君、大丈夫?

私は普段ほとんど他の占い師の動向などは読まない。というか興味がない。ところが、今日、たまたま“手相芸人”として一世を風靡した島田秀平氏の記事をネットで読んで仰天した。彼が「本気でそんな風に思っている」ということが信じられなかったのだ。彼は13年間交際してきた歯科技工士の女性と入籍したらしい。そのこと自体はとても良いことで心から「おめでとう」と祝福したい。それは良いのだが、問題は彼の“手相発言”(ブログ上の記事なのか、雑誌インタビュー記事なのか)にある。つまり、彼は自分自身と彼女の手相に関して発言しているのだが、その中で「結婚線に入るフィッシュは結婚が近づくと現れます」と述べているのだ。自分自身の結婚に関連して述べているのだから、本気で話していることは間違いないだろう。しかも、自分も彼女の手相も「フィッシュが現れた」などと述べている。この「フィッシュ」というのは“魚の形”ということだが、日本的に表現すると“二本の楕円曲線が交錯することで出現する”形状で、一般的には“島型”とか“目型”として知られている形状の先が“割れている形”を指すものである。その「フィッシュ」を“結婚が近づくことで出現する形状”と、彼は解していることになる。私は世界各国の手相書をコレクションしているが、そのようなことを述べている手相書は一冊もない。もちろん、日本の研究者からも、そのような発言は聞いたことがない。私自身、これまで何千、何万の手相を見てきたが、そういう事象に巡り合ったことは一度もない。結婚線に出現する“島型”も“先端の分岐”も“不吉な相”で、だからこそ私は「島田君、大丈夫か!」と言いたくなるのだ。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.