今日の迷言・余言・禁言

島田秀平君、大丈夫?

私は普段ほとんど他の占い師の動向などは読まない。というか興味がない。ところが、今日、たまたま“手相芸人”として一世を風靡した島田秀平氏の記事をネットで読んで仰天した。彼が「本気でそんな風に思っている」ということが信じられなかったのだ。彼は13年間交際してきた歯科技工士の女性と入籍したらしい。そのこと自体はとても良いことで心から「おめでとう」と祝福したい。それは良いのだが、問題は彼の“手相発言”(ブログ上の記事なのか、雑誌インタビュー記事なのか)にある。つまり、彼は自分自身と彼女の手相に関して発言しているのだが、その中で「結婚線に入るフィッシュは結婚が近づくと現れます」と述べているのだ。自分自身の結婚に関連して述べているのだから、本気で話していることは間違いないだろう。しかも、自分も彼女の手相も「フィッシュが現れた」などと述べている。この「フィッシュ」というのは“魚の形”ということだが、日本的に表現すると“二本の楕円曲線が交錯することで出現する”形状で、一般的には“島型”とか“目型”として知られている形状の先が“割れている形”を指すものである。その「フィッシュ」を“結婚が近づくことで出現する形状”と、彼は解していることになる。私は世界各国の手相書をコレクションしているが、そのようなことを述べている手相書は一冊もない。もちろん、日本の研究者からも、そのような発言は聞いたことがない。私自身、これまで何千、何万の手相を見てきたが、そういう事象に巡り合ったことは一度もない。結婚線に出現する“島型”も“先端の分岐”も“不吉な相”で、だからこそ私は「島田君、大丈夫か!」と言いたくなるのだ。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.