今日の迷言・余言・禁言

平等ではない「人生」のスタート

私は幼いころ「どうして自分は貧しい家に生まれたのだろう」と不思議だった。悔しいとか嘆くとかいうよりも、不思議で仕方がなかったのだ。今考えれば、不思議でも何でもない。父親が岩手で事業に失敗し、夜逃げのような状態で北海道に渡った後生まれたのだから極貧なのは当然だった。子供時代ずっと貧しかったが、まだ戦後を少し引き摺っていて貧しい家庭も多かったせいで、成長するにつれ、当然なのかな…と受け入れるように変わった。大人になってからは、幸いなことに極端に貧しい思いをすることもなく今日まで来た。そして、もう私のような子供たちはいないもののように感じていた。そうではなかった。近年「子供の貧困」があちこちで報道されるようになった。貧しい子供たちに食事を与える「子供食堂」が続々と誕生している。全国で320か所以上出来ているという。無料のところもあるが有料のところもある。月1回のところもあれば週1回のところもある。「子供食堂」が比較的多い地域もあれば少ない地域もある。それにしても、食事なのに、月1回とはあまりに少ない。「子供食堂」なのに500円も取るところもあるって、それなら普通の食堂だろう。何かが不自然だ。全国一律で、国や市が援助する形で最低でも週1回は開く形でなければ機能しているとは思えない。使用されていない不動産が山のようにあるのだから、そういう場所を「子供食堂」に借り上げればよい。ただシングルマザーが多くなって、それが結果的に「子供の貧困」を生んでいる実態も何とかしなければならない。近年、一部芸能人やなどを見習うかのような形で“出産してしまう”独身女性が多い。誰もが、子供を産んだ時から「親」になる。十代であっても「親」になる。親は“子供を育てる義務と責任”がある。平等ではない「人生」のスタートは、不幸ばかりを生むわけではないが、幸福になるにはかなりの努力が必要だ。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.