今日の迷言・余言・禁言

平等ではない「人生」のスタート

私は幼いころ「どうして自分は貧しい家に生まれたのだろう」と不思議だった。悔しいとか嘆くとかいうよりも、不思議で仕方がなかったのだ。今考えれば、不思議でも何でもない。父親が岩手で事業に失敗し、夜逃げのような状態で北海道に渡った後生まれたのだから極貧なのは当然だった。子供時代ずっと貧しかったが、まだ戦後を少し引き摺っていて貧しい家庭も多かったせいで、成長するにつれ、当然なのかな…と受け入れるように変わった。大人になってからは、幸いなことに極端に貧しい思いをすることもなく今日まで来た。そして、もう私のような子供たちはいないもののように感じていた。そうではなかった。近年「子供の貧困」があちこちで報道されるようになった。貧しい子供たちに食事を与える「子供食堂」が続々と誕生している。全国で320か所以上出来ているという。無料のところもあるが有料のところもある。月1回のところもあれば週1回のところもある。「子供食堂」が比較的多い地域もあれば少ない地域もある。それにしても、食事なのに、月1回とはあまりに少ない。「子供食堂」なのに500円も取るところもあるって、それなら普通の食堂だろう。何かが不自然だ。全国一律で、国や市が援助する形で最低でも週1回は開く形でなければ機能しているとは思えない。使用されていない不動産が山のようにあるのだから、そういう場所を「子供食堂」に借り上げればよい。ただシングルマザーが多くなって、それが結果的に「子供の貧困」を生んでいる実態も何とかしなければならない。近年、一部芸能人やなどを見習うかのような形で“出産してしまう”独身女性が多い。誰もが、子供を産んだ時から「親」になる。十代であっても「親」になる。親は“子供を育てる義務と責任”がある。平等ではない「人生」のスタートは、不幸ばかりを生むわけではないが、幸福になるにはかなりの努力が必要だ。


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.