今日の迷言・余言・禁言

年間4000人以上が「改名」をする⁉

「Eテレ」には、普通テレビなどには出ないような人たちが時々出演する。「改名100人」に取材した「私が名前を変えたワケ」も、さまざまな理由から改名をした“普通の人達100人”に取材した内容で大変興味深かった。そして、私が一番驚いたのは日本では年間4000名以上もの人たちが“名前を変えている”事実だった。理由はさまざまだ。キラキラ・ネームだったために不利益が生じやすいという理由、トランジェスターであることから不都合が生じやすいという理由、幼少期の家庭的なトラウマから逃れたいという理由、元受刑者が社会復帰が難しいいう理由…それぞれ改名の理由は異なるが、ナルホドと思われるものばかりであった。ちなみに放送された中には「姓名学で凶名だったから」という理由はない。多分、それだけだと家庭裁判所の方も認めてくれないような気がする。芸能人やスポーツ選手などは時々「改名」をする。それによって大きく飛躍することもあれば、ほとんど変化のない場合、逆に改名したことで“表舞台から消えていく人”もいる。大体、芸名などは「姓」も「名」も“社会的に変更する”ことになるわけで、それだけ影響力は大きい。通常の仕事でも、戸籍は簡単には変えられないが、名刺などの「通用名」を変えるのは自由である。自分の名前が気に入らない人は、勝手に改名をして「通用名」を使い始めれば良い。そうすれば、徐々に“その効果”が表面化する。よく「親に貰った名前」は勝手に変えるべきではない、などという人がいるが、親は“我が子”に幸運な人生を歩んで欲しいと思っている。もし「この名前を付けられたせいで不幸な人生を歩んだ」などと恨まれるくらいなら、改名して幸運になってほしいと思うのが親心というものである。もっとも、俗にいう“幸運な画数”だから“幸運な人生を歩む”という保証はない。というか“幸運な画数”と呼ばれているものが、本当に“幸運”を運んでくれるものなのかどうか残念ながら確証はない。それに、ただ単に“画数合わせ”で漢字を選定すると、ほとんどの場合は失敗する。「姓」と「名」に繋がり乏しい名前、読めない名前、書きにくい名前、意味の通じない名前…これらは画数以前の問題で“凶名”となる。まずは“解かりやすく”“読みやすく”“書きやすく”“憶えやすく”“見栄えが良く”“姓と名のバランスが良い”名前であることが「幸運名」の条件なのだ。但し、名前だけで人生が決まるわけではない。さらに職業によっても「良名」「凶名」は異なってくる。特殊な分野で成功したい人の場合に「平凡な姓名」であれば、より多くの努力が必要になる。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.