今日の迷言・余言・禁言

年間900名も「性別変更者」がいた!

う~ん、世の中は解からない。年間900名って、かなりの数ではないか。それが、今後もどんどん増えていきそうな“気配”なのだから、そのうち、日本は性別変更者で“ごった返す国”になってしまいそうな予感。日常会話の中に「昨日、性別、変えちゃった」とか「あなた、まだ、オトコやってるの」とか「オトコとオンナ取り替えて入籍しようよ」とか…そういう会話が冗談ではなく、話されていそうな30年後の日本なのだ。わが日本では、2004年から一定の条件を満たせば“性別変更を可能とする”特例法が施行された。それまで100名以下に抑えられていた“性別変更”が、この特例法の出現で一気に増えたのだ。つまり、そういう機会を窺っていた人たちが大勢いたということだ。ただ“一定の条件”といっても、そう簡単ではない。それ相応の手術とか、心理試験とか、種々の書類審査とか、なかなかに面倒なのだ。したがって、単純に思い付きで変更できるほど甘くはない。それなのに、そういうもろもろの検査とか手術とか審査とかを経て“性別変更”を手に入れる人たちが大勢いるということだ。ところが…である。そういうやっかいな過程を経て、せっかく手に入れた「性」を、手放したい、と望む人がいる。2006年7月に男性から女性に性別変更した40代の元男性である。彼、いや彼女は、2003年にタイまで出掛けて“性転換”してきた立派な“女性”である。その後に、複数の精神科医から「性同一性障害」の“お墨付き”までもらって性別変更したのだ。謂わば、生粋の“性転換者”だ。ところが、彼女は、その後になって「女性」ということで職を得られなくなってしまったというのだ。この人、意外と、その後のことを何にも考えていなかったらしく、新たな性が、意外と就職では“不利に働く”ことを計算に入れていなかったらしい。その結果、彼女は“性別変更”したことを大いに後悔するようになる。そして、生きていくためには、また元に戻すしかない、と結論したらしい。それからは連日、それを何んとかしてほしいと役所に申し出ているのだが、役所としても簡単には応じられないのが現状なのだ。何しろ、そういう“特例”がない。他人事ながら、彼女が、オンナとして仕事が得られるよう祈るばかりである。


最近の記事はこちら

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

世界は沈黙で「日本へのミサイル」を許す⁉

2月27日にベトナムのダナンで第2回目の「米朝会談」が開かれることが決定的となった。日本国内においては、今回の会談を重要視する人は少ない。ほとんどの人が「なんでまたやるの?」「同じことの繰り返しでしょ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.