今日の迷言・余言・禁言

年間900名も「性別変更者」がいた!

う~ん、世の中は解からない。年間900名って、かなりの数ではないか。それが、今後もどんどん増えていきそうな“気配”なのだから、そのうち、日本は性別変更者で“ごった返す国”になってしまいそうな予感。日常会話の中に「昨日、性別、変えちゃった」とか「あなた、まだ、オトコやってるの」とか「オトコとオンナ取り替えて入籍しようよ」とか…そういう会話が冗談ではなく、話されていそうな30年後の日本なのだ。わが日本では、2004年から一定の条件を満たせば“性別変更を可能とする”特例法が施行された。それまで100名以下に抑えられていた“性別変更”が、この特例法の出現で一気に増えたのだ。つまり、そういう機会を窺っていた人たちが大勢いたということだ。ただ“一定の条件”といっても、そう簡単ではない。それ相応の手術とか、心理試験とか、種々の書類審査とか、なかなかに面倒なのだ。したがって、単純に思い付きで変更できるほど甘くはない。それなのに、そういうもろもろの検査とか手術とか審査とかを経て“性別変更”を手に入れる人たちが大勢いるということだ。ところが…である。そういうやっかいな過程を経て、せっかく手に入れた「性」を、手放したい、と望む人がいる。2006年7月に男性から女性に性別変更した40代の元男性である。彼、いや彼女は、2003年にタイまで出掛けて“性転換”してきた立派な“女性”である。その後に、複数の精神科医から「性同一性障害」の“お墨付き”までもらって性別変更したのだ。謂わば、生粋の“性転換者”だ。ところが、彼女は、その後になって「女性」ということで職を得られなくなってしまったというのだ。この人、意外と、その後のことを何にも考えていなかったらしく、新たな性が、意外と就職では“不利に働く”ことを計算に入れていなかったらしい。その結果、彼女は“性別変更”したことを大いに後悔するようになる。そして、生きていくためには、また元に戻すしかない、と結論したらしい。それからは連日、それを何んとかしてほしいと役所に申し出ているのだが、役所としても簡単には応じられないのが現状なのだ。何しろ、そういう“特例”がない。他人事ながら、彼女が、オンナとして仕事が得られるよう祈るばかりである。


最近の記事はこちら

親は「一番の理解者」となれるか

自分の子供が途中から“思いがけない方向”に向かい出してしまうことがある。そんな時、親は、どう捉え、どう受け止め、どう見守ることが正しいのか。その一つの回答を二人の“親”が証明している。その一人は片岡鶴…続きを読む

地下に豪華な「五つ星ホテル」が誕生

最近はちょっとやそっとの“変わり種ホテル”では人々は驚かなくなった。それでも地上から地下15階まで“降りていくホテル”というのは、かなり珍しい。“地下のホテル”というと、窓が無く景観が失われた暗いイメ…続きを読む

柔軟な交渉能力こそ「平和」を作る力

人は誰も“争い”の中で暮らしたいとは思わない。それなのに世界のどこかで常に戦闘がある。争いごとの多くは互いの“主張”と“利害”に基づく。双方の主張がぶつかり、利害が交錯するから争いごとに発展する。どこ…続きを読む

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.