今日の迷言・余言・禁言

幸せの「九つのポイント」とは…

海外の科学サイトに「幸せな人達の九つのポイント」というのが紹介されていた。数百名を70年間にわたって追跡調査した結果から浮かび上がったポイントであるという。ただ私が日本人だからなのか、どうもいまひとつピンとこない。そこで、私でも理解できるような形にアレンジしてみた。ちなみに直訳的には、次のような9ポイントである。①信頼関係の構築。②お金より時間。③収入の高さ。④考える習慣。⑤小さな親切。⑥適度な運動。⑦モノよりコト。⑧瞑想。⑨友人との時間。…ということになる。なんとなく抽象的だし、全体的に解りにくい。そこでアレンジしたものを掲げる。①信頼できる相手がいる。②自由な時間が持てる。③生活に困らない程度の収入がある。④将来の可能性が残されている。⑤誰かを支援している。⑥毎日身体を動かしている。⑦新たな刺激を求めている。⑧心癒される場所がある。⑨愉しい仲間たちがいる。…というように具体化すれば、一応理解できる。私は個人的には、この中で①~④までが特に大切であるような気がする。④は、原文では「考える習慣」となっているが、これは日本だと「悩みやすい人」と重なりやすいものでニュアンス敵に少し違う気がする。彼らのいう「考える」は“自らの将来について熟考する”という風な意味で、それも建設的な未来に対する考察のようなものを指している。したがって“精神的な若さ”というか、“未来への志向”がないと育まれない“考え”である。だから「将来の可能性が残されている」とアレンジしたのだ。⑤~⑨までは絶対的な基準ではなく、確かにあった方が“より良いだろう”と思われるようなポイントである。結局、単独で“幸せを味わう”というより、常に周りに誰かがいて、そういう中で関わり合う形の方が“幸せは実感しやすい”ということなのかもしれない。


最近の記事はこちら

「自殺願望」9割が20代女性という衝撃⁉

厚生労働省が昨日公表したデータによると、SNSなどで“自殺相談”をしてくる人たちの9割が20代で、そのうち95%は女性だったという事実が明らかにされた。このデータだけから考えると、日本は20代女性が“…続きを読む

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.