今日の迷言・余言・禁言

当りそうもない事象ほど的中する!

昨年12月に出た『この占いがすごい!2018年版』(波木星龍著・八幡書店刊)の中に「日本の平成30年の出来事」というページがある。早い話が、2018年の日本に何が起こるか、を予測する「コーナー」だ。四つの占法を駆使して、日本に“起こるかもしれない”出来事を予測していく。これらは半年以上も前に書いている。一般の雑誌とか新聞のように、年末に執筆するわけではない。ハッキリ言うと、眼蔵めっぽう書くわけだ。もちろん、占星学、干支学、易占学、タロット学それぞれの角度から一応占って書く。ただ他の占術家たちの雑誌や新聞に発表している記録を調べなおせば解かるが、こういう形の年間予測というのは極めて難しい。もし、私以外で、具体的にその年の特徴的な物事や出来事をズバズバ当てている人がいたなら、ぜひ教えてもらいたい。来年の『この占いがすごい!』に登場して頂く。何が言いたいのかというと、そのタロットによる判断の中で「冬場は予期せぬ寒波の来襲に要注意です。局地的ですが交通手段が絶たれ、一時的に孤立するところが出て来そうです」と記されている。今まさに、福井市では一時的1400台の車が立ち往生し、身動きが出来ず雪の中で夜を明かさなければならない状態が続いている。またホロスコープによる判断では社会的な事件として「銀行や証券会社など金融機関に絡んだ事件が多くなります」と記している。言わずと知れた“仮想通貨流出事件”が年初から起こった。既に私が予告していた“日本株の急落”も起こった。こういう一般的に予期しないような出来事や事象ほど的中するように出来ている。運命というのは「一寸先は闇」という古典的な表現が、そのまままかり通る世界なのだ。だからこそ、良いことも悪いことも予め知って置けば、それに備えて準備を整えることもできる。「転ばぬ先の杖」としての役割を担うため、占いというのは存在しているのだ。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.