今日の迷言・余言・禁言

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えない。世界には、さまざまな「宝くじ」があるが、文字通り“夢見る”ことが可能な金額を差し出している国も多い。例えばアメリカでは、スタンドで給油するついでに“パワーポール”という宝くじを購入できるが、その最高額は日本円で1672億円である。このような金額であれば、ほとんどの夢を実現することが出来る。ユーロ圏全体で発売している「宝くじ」の場合、その最高額は“ミリオンズ”の方が226億円で、“ジャックポット”の方が111億円である。イギリスの「宝くじ」の場合は、その最高額は200億円であり、スコットランドでの最高額は136億円である。中国での「宝くじ」の最高額は91億円であり、5年ほど前に80億円を射止めた当選者はミッキーマウス姿で会見を行った。台湾での最高額は120億円であり、一口200円で購入できる。さらに台湾の場合には買い物のレシートからでも自動で“クジ”の抽選が行われていて、その最高額は4000千万円である。つまり、実質的には「宝くじ」等購入していないのに、当選できるという仕組みなのだ。これは“消費喚起策”としては極めて有効なのではないかと思われる。香港ではこれまでの最高額は14億円だが、それでも日本よりはるかに高い。このように見て来ると、現在の「宝くじ」賞金額としては、日本の宝くじはあまりにも寂しい。どっちみち平等になど当らないのだから、当たる場合には1等30億円くらいにしないと「夢」としては買えない。どっちみち、通常では当らないのが「宝くじ」なのだから、今年のように経済的窮地に立った人が多い時には、ド~ンと弾んで“金額を増やす”サプライズを行えば、地味な政権に少しは“華やかさ”が灯るのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.