今日の迷言・余言・禁言

“心のゆとり”があれば笑い合えるのに…

世の中には“どうでも良いニュース”というものがある。ところが、ニュースのネタに欠く日には、そういうニュースでも“事件のように報道”される。昨日、兵庫県のパチンコ店で休憩用のベンチに座っていた女性の下半身を盗撮したとして、公務員の男性が逮捕された。容疑の男性は“全体像を撮影していた”と一部否認している。多分、その男性はパチンコで負けてストレスが溜まっていたのだろう。ちょっと頭を冷やそうか、という感じで休憩室に行ったら、そこのベンチにショートパンツをはいた魅力的な女性が足を組んで雑誌を読んでいた。おそらく、この推測に間違いあるまい。彼はなんとなくスマホを使って動画撮影をした。別に深い意味があったのではない。魅惑的な肢体に魅せられ、何となく動画として残したかっただけなのだ。警察は女性が“ショートパンツ姿”だったと公表している。別に女性から警察に通報があったわけではない。たまたま非番でパチンコ店にやって来た男性警部補が、女性の前を行き来していた男性を見つけて署に連絡したのである。こうして公務員の男性は“盗撮容疑”で逮捕され、全国ニュースに載った。氏名が全国に公表され“逮捕”という履歴までついた。すべては“偶然”のなせる業である。彼は、決して盗撮に来たのではない。パチンコをしに来たのだ。そして途中まで負けていたから、気分を変えに休憩室に行ったのだ。そこで女性が雑誌を読んでいたのも偶然である。ショートパンツも偶然である。というよりも、その女性は普段から、そういう姿をしていたので、別に見られても、撮られても、どうということはなかった。発見した警部補もパチンコをしに来たのだ。捕まえに来たのではない。なぜ、警部補は一言「今回は見逃すけど、今度やったら盗撮として捕まえるぞ」と肩を叩きながら、彼に片目をつぶって笑えなかったのか。そうすることで、すべては、治まったことではないのか。時代が誰もの心を狭くし、一人の男性の人生を破滅させた。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.