今日の迷言・余言・禁言

“心のゆとり”があれば笑い合えるのに…

世の中には“どうでも良いニュース”というものがある。ところが、ニュースのネタに欠く日には、そういうニュースでも“事件のように報道”される。昨日、兵庫県のパチンコ店で休憩用のベンチに座っていた女性の下半身を盗撮したとして、公務員の男性が逮捕された。容疑の男性は“全体像を撮影していた”と一部否認している。多分、その男性はパチンコで負けてストレスが溜まっていたのだろう。ちょっと頭を冷やそうか、という感じで休憩室に行ったら、そこのベンチにショートパンツをはいた魅力的な女性が足を組んで雑誌を読んでいた。おそらく、この推測に間違いあるまい。彼はなんとなくスマホを使って動画撮影をした。別に深い意味があったのではない。魅惑的な肢体に魅せられ、何となく動画として残したかっただけなのだ。警察は女性が“ショートパンツ姿”だったと公表している。別に女性から警察に通報があったわけではない。たまたま非番でパチンコ店にやって来た男性警部補が、女性の前を行き来していた男性を見つけて署に連絡したのである。こうして公務員の男性は“盗撮容疑”で逮捕され、全国ニュースに載った。氏名が全国に公表され“逮捕”という履歴までついた。すべては“偶然”のなせる業である。彼は、決して盗撮に来たのではない。パチンコをしに来たのだ。そして途中まで負けていたから、気分を変えに休憩室に行ったのだ。そこで女性が雑誌を読んでいたのも偶然である。ショートパンツも偶然である。というよりも、その女性は普段から、そういう姿をしていたので、別に見られても、撮られても、どうということはなかった。発見した警部補もパチンコをしに来たのだ。捕まえに来たのではない。なぜ、警部補は一言「今回は見逃すけど、今度やったら盗撮として捕まえるぞ」と肩を叩きながら、彼に片目をつぶって笑えなかったのか。そうすることで、すべては、治まったことではないのか。時代が誰もの心を狭くし、一人の男性の人生を破滅させた。


最近の記事はこちら

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

51年をかけ「1400勝」の快挙なのだが…

人には世間的に“目立ちやすい人”と、“目立ちにくい人”とがいる。例えば昨日、1400勝を達成した名人がいるのだが、さて、あなたには誰かわかるだろうか。というか、この報道をあなたは見掛けているだろうか。…続きを読む

ライバル同士の「変わり羽子板」が売れる⁉

昔から“不思議に思っているもの”がある。毎年、12月に登場する「変わり羽子板」の画像が、今一つ本人に似ていないことだ。今年も昨日東京の「久月」でお披露目された。1986年より、毎年続けられている。そし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.