今日の迷言・余言・禁言

“心の豊かな国”を目指すのであれば…

西洋には「金持ち喧嘩せず」という“ことわざ”がある。確かに一部の例外を除けば、本当の“大金持ち”はケンカをしない。近年の日本人は表立ってのケンカは少なくなったが、その分ストレスとして溜め込みがちで、何となくぎすぎすした状態が作られやすい。これは日本の経済状態と無関係ではない。一応、生活は何とか保っていけるが、余裕ある経済状態の人達が少ないのだ。そういえば、ここにきて欧州では経済問題からの対立が多くなった。“心の豊かさ”にはいろいろな意味合いがあるが、心に“奥行き”があれば、人は相手を“許せる”もので、そういう意味での豊かさは“ぎすぎすしない日常”を授けてくれる。臨時国会の延長によって「TPP」や「年金改革」と共に、通称「カジノ法案」成立の可能性が出てきた。前にも記したがカジノ王国マカオでは、カジノの収益で潤った結果として国民全員に余剰金が配布されている。早い話、外国人が使ってくれたギャンブルのお金をみんなに回しましょう、という話である。かつて貧しい国の一つであったマカオは、こうして“豊かな国”に変わった。よく「お金」を“悪者”のように扱う人がいるが、儲けを平等に分け与えるなら、それは人々の心に“許し”を与えて、少なからず相手を受け入れる“心の余裕”を生むものなのである。かつかつとした生活の中では、ちょっとしたミスとか不備とかでも“ケンカの種”になったりする。世界中、貧民街は“怒号と取っ組み合いのるつぼ”である。そういう意味で「カジノ法案」の成立を目指すことは決して悪いことではない。日本には元々“パチンコの文化”があるのだから、新しい時代に向けた“華やかなエンターテイメント”としてのカジノ王国を目指せば良い。ギャンブル依存症を防ぐためには、日本人の場合に限って過去履歴からの入場制限をかける。また無料でも遊べる施設を多数設けてドバイやマカオに負けない“ファンタスティックな世界”の実現を目指せば良いのだ。


最近の記事はこちら

中途半端な「二番底」が危ない

ニューヨーク「ダウ」の株価が急落している。一時900ドル以上も下落した。俗にいう「二番底」の到来である。ただ、今回の「二番底」はタチが悪い。じわじわと下落し、その後で一気に下落した。こういう落ち方が、…続きを読む

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.