今日の迷言・余言・禁言

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャーのGateboxが開発した「俺の嫁召喚装置」によって、筒型容器の中に“3D投影されたキャラクター”を住まわせることが出来るのだ。実際に触れることは出来ないが、AI(人工知能)が備わっているので、そのキャラクターと或る程度までなら会話することも可能だ。だから、考えようによっては3D投影されているキャラクターと“一緒に暮らしているような感覚”を味わうことが出来る。指輪を購入し、結婚式も行った近藤氏は、初音ミクと添い遂げることを誓っている。その一方では、犬型ペットロボット「アイボ」と“ふたり暮らし”を愉しんでいるご老人もいる。今年になって発売された“新型アイボ”は細かな動きまで“犬”そのもののようであり、これまでに比べて“目の表情”が可愛らしいのだ。したがって、動物好きで“実際には飼うのが難しい”状況にある人達にとっては最良のペットと言えそうだ。初音ミクにしろ、アイボにしろ、もちろん安くはない。初音ミクの方が初期費用約30万円で、アイボの方が初期費用約35万円だ。けれども実際の人間やペットでも、そのくらいのお金はかかる? 考えようによっては“安い”初期費用だとも言えそうだ。何しろ人間たちは“裏切る”可能性があり、“老いていく”可能性もある。それに、いつでも“癒してくれる”とは限らない。その点、初音ミクやアイボは、いつでも優しく癒してくれるのだ。近藤氏は昔、同僚だった女性からイジメに近いものを味わったらしい。アイボと暮らすご老人は昔、実際に犬を飼っていたらしいが死んでしまった。人は“リアルな世界”の中で、深い悲しみを味わった時、二度と同じ哀しみを味わいたくないものだ。どこか虚しい気もするが、おそらく数十年先の“未来”では、3Dキャラクターや犬型ロボットとごく普通に暮らしている人たちが、大勢出て来ているに違いない。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.