今日の迷言・余言・禁言

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャーのGateboxが開発した「俺の嫁召喚装置」によって、筒型容器の中に“3D投影されたキャラクター”を住まわせることが出来るのだ。実際に触れることは出来ないが、AI(人工知能)が備わっているので、そのキャラクターと或る程度までなら会話することも可能だ。だから、考えようによっては3D投影されているキャラクターと“一緒に暮らしているような感覚”を味わうことが出来る。指輪を購入し、結婚式も行った近藤氏は、初音ミクと添い遂げることを誓っている。その一方では、犬型ペットロボット「アイボ」と“ふたり暮らし”を愉しんでいるご老人もいる。今年になって発売された“新型アイボ”は細かな動きまで“犬”そのもののようであり、これまでに比べて“目の表情”が可愛らしいのだ。したがって、動物好きで“実際には飼うのが難しい”状況にある人達にとっては最良のペットと言えそうだ。初音ミクにしろ、アイボにしろ、もちろん安くはない。初音ミクの方が初期費用約30万円で、アイボの方が初期費用約35万円だ。けれども実際の人間やペットでも、そのくらいのお金はかかる? 考えようによっては“安い”初期費用だとも言えそうだ。何しろ人間たちは“裏切る”可能性があり、“老いていく”可能性もある。それに、いつでも“癒してくれる”とは限らない。その点、初音ミクやアイボは、いつでも優しく癒してくれるのだ。近藤氏は昔、同僚だった女性からイジメに近いものを味わったらしい。アイボと暮らすご老人は昔、実際に犬を飼っていたらしいが死んでしまった。人は“リアルな世界”の中で、深い悲しみを味わった時、二度と同じ哀しみを味わいたくないものだ。どこか虚しい気もするが、おそらく数十年先の“未来”では、3Dキャラクターや犬型ロボットとごく普通に暮らしている人たちが、大勢出て来ているに違いない。


最近の記事はこちら

「法律改正」が間に合わなくなる日

或るTV番組で「昭和」の時代には存在し「平成」の時代には“見かけなくなった品物”を特集していた。確かに、そういうものは多い。そして、それらの多くを私は見忘れていて、どういう役割を持つものだったのか、分…続きを読む

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.