今日の迷言・余言・禁言

怪しくなってきた「仮想通貨」の世界

世界の「株式」が堅調さを取り戻しているのとは逆に、このところじわじわと下落し続けているのが「仮想通貨」の方だ。今年に入って、一時的に持ち直したかに見えていた“ビットコイン相場”だが、その脆弱な管理体制に多くの投資家は逃げ出してしまった。昨日、そのビットコインを扱う(株)ビットマスターという会社が“破産申請”していたことが明らかとなった。負債総額は109億円、2万2000人以上から投資を集めていた。この企業は最近まで毎日のように多くの投資家を集めて「セミナー」を行っていたらしい。大体、お金の絡む事業とか、新規投資とか、能力開発とか、宗教思想とか、そういったもので毎日セミナーを繰り返しているような団体にろくなものはない。もっと言えば、多くの人を集めて講師とやらが何もしなくても「儲かっていく」とか「成功する」とか「願望が叶う」とか…“謳い文句”を並べて宣伝するところは危ないのだ。この(株)ビットマスターという会社も、ビットコインそのものの販売というより、ビットコインのATMを販売する業務を主としていたらしい。ところが、そのビットコインATM自体が法律的には認められていないようなのだ。ビットコインそのものにしても、今は金融庁が登録許可を出した業者のみが正式には扱える。この会社は、元々金融庁から行政処分を受けた株式会社BMEXという会社の幹部が設立したものらしい。しかも、今年8月に本社事務所から火災が発生している。実は、その時点で、もうギブアップだったのではないか、という噂がある。つまり、破産することが解かっていたから、自ら“証拠隠滅”を計っての放火だというのだ。それにしても「(株)ビットマスター」という社名に変更したのは2017年5月で、それからまだ2年半くらいしかたっていない。あまりにも企業としては“短い命”だった。実際「仮想通貨」を扱う企業は、そのくらいから急速に増えた。そして多分、今後は急速に“終焉”を迎えそうな気配ですらある。何しろ、仮想通貨の人気が急速に衰えている。もちろん、そう簡単に儲からなくなってきたからだが、一番はあまりにも“流出事件”が次々と生じたからだ。そんなところに「金を預けられない」というのが日本的な発想ではないだろうか。日本では現在、9機のビットコインATM機が設置されているそうだ。わずか9機。されど9機。頻繁にセミナーを開いているところは、何であれ危険なのだ。


最近の記事はこちら

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.