今日の迷言・余言・禁言

息子が殺し、父親が殺された「2万3千円」

年金暮らしの89歳になる老人が、その孫である23歳の容疑者に“鋏で滅多刺し”にされ、現金「2万3千円」が奪われた。被害者は自分の父親で、加害者は自分の息子だった。こういう場合、父親を刺され、息子が刺した現実を、被害者の息子であり、容疑者の父親である人物は、どう受け止めれば良いのだろう。しかも、その原因となっているのは、わずか2万3千円のお金である。ただ、それだけなのだ。もちろん、実際には、ただ“それだけ”ではないのかもしれない。例えば、祖父は孫に対して「お前に与える金はない」と言い、或いは「今日は1万しかやらん」と言ったかもしれない。孫は「冗談じゃねえよ、年金入ってんだろ」と言ったかもしれないし「ガキじゃねえんだよ、十万出せよ」と言ったかもしれない。どういうやり取りがあったか知らないが、結果的に祖父は孫に“滅多刺し”にされ、亡くなってしまった。容疑者は否認しているが、彼の部屋から“血塗れのジャンバー”が見つかっているというから反論の余地はない。老人は近所の人達にも、孫が頻繁に“金をせびりに来る”と言って嘆いており、途方に暮れていたに違いない。もしかすると、十代までは自ら“頻繁に金を与えた”ことが、こういう結果につながったのかもしれない。そういう意味では“甘やかした張本人”であった可能性はある。それが二十代に入り、一方は“無心が当たり前”となり、一方は“蓄え”が乏しくなって、年金から支出するように変わった。これまで笑顔で渡していたものが、しぶしぶ渡すように変わり、双方ともに小言まで言い争うように変わった。徐々に二人の関係は“借金の貸し借り”のような関係へと変わった。孫は“悪徳金融業者”に扮し、祖父は“弱みある返済者”に扮した。そういう関係が日常となり、かつての「麗しい祖父と孫の関係」は消えてしまった。最後は、双方とも“憎しみ合う”殺し合いで、力の強いものが勝利した。


最近の記事はこちら

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.