今日の迷言・余言・禁言

“悲観的情報”が「自殺」を誘発する

日本人には元々“ネガティブな人”が多い。同じ情報でも“悪い情報”や“暗い情報”の方に敏感に反応する。毎年3月というのは「自殺対策強化月間」なのだそうだ。そこでLINE(ライン)による自殺防止「相談」を設けたところ、実に1万件以上の相談が寄せられた。その八割は20代以下からの相談で、そのうち9割が女性からの相談であったらしい。かなり極端な“偏り”が見られる。つまり、10代の女性達の多くが自分の将来に対して“希望を持てない”でいる、ということになる。なぜ“希望を持てない”のか…知り過ぎてしまったからなのだ。現在、ネットにはさまざまな情報があふれていて、10代の女性達は嫌でも、その“情報の渦”に巻き込まれながら生活している。多分、男性達よりも、そういう点では情報に対して過敏な生活を強いられているのだ。しかも、それらには“ネガティブな情報”が多い。昔だったら、知らなくても過ごせた、興味を持たないまま通り過ぎることが出来た、自分と周りとの“比較”。自分とアイドルとの“比較”。自分自身に対しての“評価”とか“評判”。さまざまな情報からもたらされる“将来の可能性”。身動きが出来ないほどの“情報の渦”に巻き込まれて、活き活きとした同世代からはじかれてしまって、或いは取り残されてしまって、うろたえ、もがいている一部の10代女性達がいる。LINEなどの情報ツールは、仲間同士を“つなげた”が、そのことが逆に“逃れられない足かせ”を与えてもいる。だから“みんなから嫌われる”ことを人一倍恐れるのだ。昔、そういう“つながり”がなかったころの方が、人々は“つながって”いた。奇妙なことに、その頃の方が“つながって”いたのだ。形だけの“つながり”が、全てを失わさせた。けれども、もう後戻りはできない。私のように“スマホ”も“携帯電話”も持っていない人間は、特殊だ。私は、だから、いつでも“自由”だが、時々“不自由”でもある。本当は“情報の渦”は幸運を授けるはずだったが、逆に不運を増やしたようにも見える。結局、10代の女性達が将来を悲観するような情報だけが押し寄せ、濃霧のように未来を取り巻き「未来が見えない」少女たちは、自らに刃を向けて生きていく。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.