今日の迷言・余言・禁言

“悲観的情報”が「自殺」を誘発する

日本人には元々“ネガティブな人”が多い。同じ情報でも“悪い情報”や“暗い情報”の方に敏感に反応する。毎年3月というのは「自殺対策強化月間」なのだそうだ。そこでLINE(ライン)による自殺防止「相談」を設けたところ、実に1万件以上の相談が寄せられた。その八割は20代以下からの相談で、そのうち9割が女性からの相談であったらしい。かなり極端な“偏り”が見られる。つまり、10代の女性達の多くが自分の将来に対して“希望を持てない”でいる、ということになる。なぜ“希望を持てない”のか…知り過ぎてしまったからなのだ。現在、ネットにはさまざまな情報があふれていて、10代の女性達は嫌でも、その“情報の渦”に巻き込まれながら生活している。多分、男性達よりも、そういう点では情報に対して過敏な生活を強いられているのだ。しかも、それらには“ネガティブな情報”が多い。昔だったら、知らなくても過ごせた、興味を持たないまま通り過ぎることが出来た、自分と周りとの“比較”。自分とアイドルとの“比較”。自分自身に対しての“評価”とか“評判”。さまざまな情報からもたらされる“将来の可能性”。身動きが出来ないほどの“情報の渦”に巻き込まれて、活き活きとした同世代からはじかれてしまって、或いは取り残されてしまって、うろたえ、もがいている一部の10代女性達がいる。LINEなどの情報ツールは、仲間同士を“つなげた”が、そのことが逆に“逃れられない足かせ”を与えてもいる。だから“みんなから嫌われる”ことを人一倍恐れるのだ。昔、そういう“つながり”がなかったころの方が、人々は“つながって”いた。奇妙なことに、その頃の方が“つながって”いたのだ。形だけの“つながり”が、全てを失わさせた。けれども、もう後戻りはできない。私のように“スマホ”も“携帯電話”も持っていない人間は、特殊だ。私は、だから、いつでも“自由”だが、時々“不自由”でもある。本当は“情報の渦”は幸運を授けるはずだったが、逆に不運を増やしたようにも見える。結局、10代の女性達が将来を悲観するような情報だけが押し寄せ、濃霧のように未来を取り巻き「未来が見えない」少女たちは、自らに刃を向けて生きていく。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.