今日の迷言・余言・禁言

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが出来た。もちろん、この番組はまだ病気になる前の収録で、病気には何の関係もない。たまたま放映日が、感染で入院していることが判明した日と重なっただけにすぎない。けれども、そのことによって、そのお相手である大滝裕子さんは“注目の人”となった。現在は57歳で十年前の2010年に結婚されている。交際当時は“新人歌手”だったらしいが、現在でもグループとして歌手活動をしている。さて、私がなぜ彼女を取り上げるのかというと、彼女にとって志村けん氏は実際に“夫になった”可能性が大いにあるからだ。もちろん、その後になって別れてしまったが、志村氏は彼女の親にまで挨拶している。真剣だったのだ。実は、彼女のホロスコープを見ると、丁度、その後29年経って結婚された時と、ほぼ同じ位置にトランジットの土星が位置している。土星というのは29・5年で元の位置に戻ってくる。これを「サターンリターン」と呼ぶ。通常は“人生の転換期”のような形で解釈されることが多い。大滝裕子氏の場合、元々、金星と土星が“0度一体化”していて、その結婚には「土星」が影響する可能性が強い。実際、結婚されたのはトランジットで動いている土星が出生時の土星・金星に対して120度位置に到達した時だ。そして、同じ現象はその29年前にも起きていたのだ。そして、その時、志村氏は彼女と“結婚を意識しながら”交際していた。通常、サターンリターンは出生時の土星位置にトランジットで戻ってきたときのことを指すのだが、こういう形でのリターンでも、人生の不思議は存在している。しかも、金星と土星とが0度一体化している場合、必ずや一度は「愛の別れと哀しみ」を体験する。それは、金星と土星とか一体化している人たちの運命だと言って良い。けれども、その体験が、必ず“仕事上に活かされる”のも、このアスペクトの特徴なのだ。かくして、今も彼女は仕事の中で“愛の哀しみ”を活かしているに違いない。


最近の記事はこちら

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

「美術館女子」が、なぜ悪いのか⁉

私はいつも思う。どうして「みんなと同じ」でなければいけないのだろう。どうして「同じ感覚」「同じ考え方」「同じ意識」にもっていきたがるのだろう。そうでなければ、許さない、といった雰囲気を作り上げるのだろ…続きを読む

都知事選より面白い「5人の美女」の闘い

昔から「女の闘い」というのは熾烈なもので、それも“5人もの闘い”ということになれば、熾烈を極めるのは言うまでもない。「東京都知事選」の陰に隠れる形で秘かに行われるはずだったが、ここに来て俄然注目を集め…続きを読む

私に「神とは何か」を教えた小説群

私は外国の小説をあまり読まないので、海外の「宗教小説」については知らない。けれども、日本の宗教小説は十代から二十代にかけていろいろと読んだ。その中で“キリスト教”に関連する小説は、遠藤周作氏の小説が“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.