今日の迷言・余言・禁言

懐かしいバリ島からの恐怖

このところバリ島観光が“アグン山の噴火”で怪しくなっている。ングラ・ライ国際空港は閉鎖され、当然のことながら観光客はピタリと止まる。観光産業で成り立っているバリ島にとって、その観光の“出入口”が閉鎖されているのだから、どうすることもできない。しかも、それが火山の噴火という自然界の出来事で、人間の力でどうこう出来る出来事でもない。一日空港を閉鎖しただけで20億もの収益減になると算出されている。これからクリスマスとか、年末年始とか、絶好の“来客シーズン”だというのに、火山の行方を見つめるしかない、信心深いバリ島民にとっては神に祈りを捧げるしかない日々が始まろうとしている。今から7年ほど前だと思うがバリ島から本島のボロブドゥール遺跡を見に行くため、小型の飛行機に乗った。時間や乗り場ゲートが変わるなど、搭乗する前から変な感じはあったのだが、海外のことであまり気にしていなかった。ところが、飛び立ったは良いが激しい豪雨と雷雲に向かっての飛行となった。大丈夫か。誰もがそう思ったに違いない。実際、機体は激しく揺れ、行きつ戻りつのような展開となった。今にも墜落しそうな雰囲気があった。赤ん坊があちこちで泣き出し、雷の光がうるさかった。そうして結局、機体は素晴らしく輝く夜景の街へと降り立った。乗客の誰もが機長に向けて拍手をした。そこはインドネシア第二の都市スラバヤだった。つまり、目的地には着けず、第二の都市でしばらく休み、それから再び飛び立って、ようやく何時間もかけ真夜中になって目的地に着いたのだった。とどのつまり、インドネシアというのは“自然に逆らえない地域”だということである。バリ島とインドネシア本土と二ヵ所で占いもしてもらった。バリ島の占い師は、私が後から占い師であることを告げると、私は最初からそう思った、と通訳をしてくれる日本人妻に言って得意満面だった。手相を見るのではなく、手から発するオーラを観る、という観方をした。本土の占い師は「あなたの額に輝くものが当たっている」という風なことを言った。だから今後に関しても心配ない、ということらしい。それなら見てもらいになんか来ないぞ…内心、私は毒づいたが、気分としては最高に良かった。


最近の記事はこちら

「果実」として生きていく姓名

人間の「姓名」というのは、時としてその人の人生を決める。その代表的な人物の一人が「フルーツしか食べない男」として知られる中野瑞樹氏だ。彼は自分の身体を“実験台”として、果物と人間との関係を研究している…続きを読む

「19,000人減」発表で1位→17位転落

2019年卒業予定の学生たちによる就職希望企業ランキングが発表された。そこには“常連”の顔がない。昨年度1位だったはずの「みずほ銀行」が消えているのだ。何んと今年は17位。別に大きな不祥事があったから…続きを読む

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い…続きを読む

大仁田「フォール負け」からの出発

当然と言えば当然のことなのであるが、昨日開票となった佐賀県神埼市の市長選で現職の松本茂幸氏の四選を阻もうと出馬した元プロレスラー・参議院議員の大仁田厚氏が大敗をした。何んと十倍近い得票数の差があった。…続きを読む

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.