今日の迷言・余言・禁言

懐かしい思い出と“大いなる過ち”

時折、私のHPなどへの感想とか要望とか質問とかをいただく。どのような内容であれ、読んでくださっていることの証であり、大いに参考にさせていただいているが、今回は完全に「アウト」だった。その方は私の「この一言で救われる」を読んで疑問を感じられた。つまり、そこで述べられていた歌手・華原朋美のホロスコープ解説では、出来るはずのないアスペクトのことが記されていたからだ。そこで、その方は親切にもそれを指摘したうえで、実は私のことを“清水星龍の時代から知っている”と明かしたのだ。それは実に懐かしい名だった。そう私は今から30年以上前の一時期「清水星龍」と名乗っていたのだ。まだ室蘭にいた時代で、それまで築き上げたすべてを失い、暗中模索していた時期であった。華原朋美のホロスコープの方は、何のことはない勘違いして“出生一年後の年・月・日ホロスコープ”を使って、鑑定・解説をしてしまっていたのだ。だから彼女の誕生日なら出来るはずのないアスペクトを使って解説してしまっていた。まずい! まあ、でも書いてしまった以上は仕方がない。それよりも、私はなぜ彼が“昔の私”を知っていたのか、そのことの方が驚きだった。なんと彼は、私が人生のどん底にあった頃、所属していた“占い同人誌”のメンバーだったのだ。その雑誌(同人誌)で発表をした私の文章を読んでいたのである。そういう方が30年以上経って、今度は私のHPやブログを読み“大いなる過ち”まで丁重に指摘してくれたことに感激した。そして同時に懐かしい思い出が色々とよみがえった。それは今なら考えられない“手書きの同人誌”であり、その主催者であった原田智行君がいたからこそ後々、私は“魔女の家ブックス”から出た『占星学独習キッド』の共著者となり、その後、単独で『占星学秘密教本』を書くきっかけが与えられたのだった。今回、八幡書店から出る『この占いがすごい!』の中で久しぶりに「西洋占星学」について書いた。あの頃の読者たちは「清水星龍」ではない「波木星龍」の占星学を受け入れてくれるだろうか。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.