今日の迷言・余言・禁言

懐かしい思い出と“大いなる過ち”

時折、私のHPなどへの感想とか要望とか質問とかをいただく。どのような内容であれ、読んでくださっていることの証であり、大いに参考にさせていただいているが、今回は完全に「アウト」だった。その方は私の「この一言で救われる」を読んで疑問を感じられた。つまり、そこで述べられていた歌手・華原朋美のホロスコープ解説では、出来るはずのないアスペクトのことが記されていたからだ。そこで、その方は親切にもそれを指摘したうえで、実は私のことを“清水星龍の時代から知っている”と明かしたのだ。それは実に懐かしい名だった。そう私は今から30年以上前の一時期「清水星龍」と名乗っていたのだ。まだ室蘭にいた時代で、それまで築き上げたすべてを失い、暗中模索していた時期であった。華原朋美のホロスコープの方は、何のことはない勘違いして“出生一年後の年・月・日ホロスコープ”を使って、鑑定・解説をしてしまっていたのだ。だから彼女の誕生日なら出来るはずのないアスペクトを使って解説してしまっていた。まずい! まあ、でも書いてしまった以上は仕方がない。それよりも、私はなぜ彼が“昔の私”を知っていたのか、そのことの方が驚きだった。なんと彼は、私が人生のどん底にあった頃、所属していた“占い同人誌”のメンバーだったのだ。その雑誌(同人誌)で発表をした私の文章を読んでいたのである。そういう方が30年以上経って、今度は私のHPやブログを読み“大いなる過ち”まで丁重に指摘してくれたことに感激した。そして同時に懐かしい思い出が色々とよみがえった。それは今なら考えられない“手書きの同人誌”であり、その主催者であった原田智行君がいたからこそ後々、私は“魔女の家ブックス”から出た『占星学独習キッド』の共著者となり、その後、単独で『占星学秘密教本』を書くきっかけが与えられたのだった。今回、八幡書店から出る『この占いがすごい!』の中で久しぶりに「西洋占星学」について書いた。あの頃の読者たちは「清水星龍」ではない「波木星龍」の占星学を受け入れてくれるだろうか。


最近の記事はこちら

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.