今日の迷言・余言・禁言

成功の「自信」乏しく「運7割」の日本人

ときどき世界的な意識調査というものが行われている。そういう時の日本人は、どの調査でもなかなか個性的というか、他国と違っている部分が多いのが特徴だ。今回の「仕事」に対しての意識調査でも、それはハッキリと表れた。22か国の18歳~65歳まで3万人に対しての調査結果だ。それによると、日本人は参加国中でもっとも、自分の仕事を遂行していく自信の度合が低かった。「100点」を基準点とする方式なのだが、インド人が121点、インドネシア人が117点、中国人が116点なのに対して、徐々に点数が低くなって、スペイン人は90点、イタリア人は87点、フランス人は85点、そして最下位が日本人の80点なのだ。トップのインド人と比べると40点も差があるではないか。何んと、自己評価が低い民族であることか。もちろん、これは慎重で自分に厳しい日本人の性質的な影響が大きいのかもしれない。或いは、仕事に対する“完成度の捉え方”の微妙な違いが反映している可能性もある。もう一つ、日本人の特徴が大きく表れたものとして、成功するために“重要なこと”として「一生懸命働く」が72%のトップで、これに関しては他国も同様である。その次に日本人は「幸運」を66%の人が掲げているのだ。他の国では「幸運」を掲げた人の比率が極めて低い。「変化の適応していく」80%とか「良い人脈に恵まれる」76%とかの比率が高い。日本人ではそういう概念が乏しい。つまり、一生懸命働いても、運がなければ、或いは乏しければ、成功できないのではないか、というのが日本人の大方なのだ。もしかすると、実際に、そういう社会構造的な部分が大きいということかもしれない。確かに、世の中にはすいすいと成功・出世していく人物もいれば、才能は有るのになかなか世に出られない人もいる。おそらく、そういう部分は他の国でもあるはずなのだが、あまり意識せず生活しているということだろう。或いは、それもあるけれど、より“適応力”や“人脈”の方が大きいと見ているのか、いずれにせよ、日本人はもう少し自信をもって、運だけに頼らず仕事をした方が良いのかもしれない。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.