今日の迷言・余言・禁言

手を振る母親は悩まない

福岡の母子三人殺害事件は、夫である現職警察官が逮捕される結果になった。但し、夫は犯行に対して「事実ではありません」という言い方で否認している。律儀な警察官らしい否認の仕方だ。逮捕の決め手となったのは、妻の指先から夫のものらしい皮膚片が見つかったことらしい。これが事実なら決定的な証拠と言える。夫と第一発見者である実姉とは、彼女が“子育てで悩んでいた”と証言したらしい。最初、だから無理心中として処理されかけた。しかし、その死因が“練炭ではない”ということになって、殺人事件に切り替えられた。自殺に見せかける…というのは実は大変に難しい。後から工作しても、検視官が見ればすぐわかるのだ。警察官である夫は、その辺の知識は持っていたはずで、そういう意味では疑問が残る。通常、子育てに悩んでいる場合、子供たちが学校へ行く時、玄関まで出て来て“手を振る”などという行為は行わない。本当に悩んでいたら、それは出来ないのだ。ご近所の人達が、ずっと手を振っていた母親を目撃している。警察官の夫と妻の実姉とは“子育てで悩んでいた”と証言している。なぜ、二人は“口裏を合わせた”のだろう。二人が、どういう関係だったかはわからない。“強い殺意”を持っていたという殺害方法の手口は、もし、夫が殺害したのだとすれば、確実に殺さなければならない理由が存在していたことになる。仮に、夫と妻の実姉とが“深い関係”にあったとしても、それだけで“三人を殺害”という気になるだろうか。夫と子供達との関係が、最近まで良好だったことは周囲の証言から窺われる。この点からも奇妙なのだ。実姉にしても、妹の子供達である。仮に、妹の夫と“深い関係”になったとして、妹の子供たちまで巻き添えにしようと思うだろうか。ミステリードラマなら楽しめる内容だが、現実の事件としてはあまりに哀しく残酷である。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.