今日の迷言・余言・禁言

手を振る母親は悩まない

福岡の母子三人殺害事件は、夫である現職警察官が逮捕される結果になった。但し、夫は犯行に対して「事実ではありません」という言い方で否認している。律儀な警察官らしい否認の仕方だ。逮捕の決め手となったのは、妻の指先から夫のものらしい皮膚片が見つかったことらしい。これが事実なら決定的な証拠と言える。夫と第一発見者である実姉とは、彼女が“子育てで悩んでいた”と証言したらしい。最初、だから無理心中として処理されかけた。しかし、その死因が“練炭ではない”ということになって、殺人事件に切り替えられた。自殺に見せかける…というのは実は大変に難しい。後から工作しても、検視官が見ればすぐわかるのだ。警察官である夫は、その辺の知識は持っていたはずで、そういう意味では疑問が残る。通常、子育てに悩んでいる場合、子供たちが学校へ行く時、玄関まで出て来て“手を振る”などという行為は行わない。本当に悩んでいたら、それは出来ないのだ。ご近所の人達が、ずっと手を振っていた母親を目撃している。警察官の夫と妻の実姉とは“子育てで悩んでいた”と証言している。なぜ、二人は“口裏を合わせた”のだろう。二人が、どういう関係だったかはわからない。“強い殺意”を持っていたという殺害方法の手口は、もし、夫が殺害したのだとすれば、確実に殺さなければならない理由が存在していたことになる。仮に、夫と妻の実姉とが“深い関係”にあったとしても、それだけで“三人を殺害”という気になるだろうか。夫と子供達との関係が、最近まで良好だったことは周囲の証言から窺われる。この点からも奇妙なのだ。実姉にしても、妹の子供達である。仮に、妹の夫と“深い関係”になったとして、妹の子供たちまで巻き添えにしようと思うだろうか。ミステリードラマなら楽しめる内容だが、現実の事件としてはあまりに哀しく残酷である。


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.