今日の迷言・余言・禁言

手を振る母親は悩まない

福岡の母子三人殺害事件は、夫である現職警察官が逮捕される結果になった。但し、夫は犯行に対して「事実ではありません」という言い方で否認している。律儀な警察官らしい否認の仕方だ。逮捕の決め手となったのは、妻の指先から夫のものらしい皮膚片が見つかったことらしい。これが事実なら決定的な証拠と言える。夫と第一発見者である実姉とは、彼女が“子育てで悩んでいた”と証言したらしい。最初、だから無理心中として処理されかけた。しかし、その死因が“練炭ではない”ということになって、殺人事件に切り替えられた。自殺に見せかける…というのは実は大変に難しい。後から工作しても、検視官が見ればすぐわかるのだ。警察官である夫は、その辺の知識は持っていたはずで、そういう意味では疑問が残る。通常、子育てに悩んでいる場合、子供たちが学校へ行く時、玄関まで出て来て“手を振る”などという行為は行わない。本当に悩んでいたら、それは出来ないのだ。ご近所の人達が、ずっと手を振っていた母親を目撃している。警察官の夫と妻の実姉とは“子育てで悩んでいた”と証言している。なぜ、二人は“口裏を合わせた”のだろう。二人が、どういう関係だったかはわからない。“強い殺意”を持っていたという殺害方法の手口は、もし、夫が殺害したのだとすれば、確実に殺さなければならない理由が存在していたことになる。仮に、夫と妻の実姉とが“深い関係”にあったとしても、それだけで“三人を殺害”という気になるだろうか。夫と子供達との関係が、最近まで良好だったことは周囲の証言から窺われる。この点からも奇妙なのだ。実姉にしても、妹の子供達である。仮に、妹の夫と“深い関係”になったとして、妹の子供たちまで巻き添えにしようと思うだろうか。ミステリードラマなら楽しめる内容だが、現実の事件としてはあまりに哀しく残酷である。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.