今日の迷言・余言・禁言

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で「レビー小体型認知症」と「アルツハイマー型認知症」の合併症の初期であることが宣告された。認知症に“合併症”があることを初めて知ったが、最近の私には他人事とは思えない“記憶力の低下”がある。まあ、自分の年齢を考えれば、記憶力が低下してきて当然なのだが、それにしても「若い頃の私」は、どこへ行ったのか。あの優秀だった頭脳はどこへ行ったのか。昔は、黙っていても頭に入った。何も見なくてもすらすらといえた。ところが、人の名前が出てこない。ものの名前が出てこない。わかっているのに出てこない。これが鑑定中に起こると最悪だ。さっきまで“これこれについて”言おうとしていたのに、その“これこれ”が急に何だったか、思い出せない。そういう時、私は適当な話をしながら言葉を繋いで、言おうと思っていた“これこれ”が何だったか、必死に想い出そうとする。重要なことだったのは解っている。だから言っておかなければならない。けれども、いったん忘れてしまったものは、元に戻らない。その間、私は平然と話し続けている。何も無かったかのように話し続けている。だから、ほとんどの場合、相手は、私が実は必死に“想い出そうとしている”ことに気付かない。時間だけが虚しく流れていく。私は、そういう時、一応もっともらしいことを話し続けているので、実は“これこれ”で必死になっているなどとは夢にも思わない。ダメだ。もう時間だ、結局、思い出せない。そうして、相手が、扉の外に消えた瞬間、ふっと憑き物が落ちたように語ろうとしていたことを思い出す。もちろん、私は相手を追ったりはしない。相手が驚くだけのことだ。今度、来た時に告げれば良い。果たして、来るだろうか。そして、その時まで憶えているだろうか。手相では頭脳線が比較的短いと、若い時は良いのだが、長命になると本来の頭脳が十分に働かなくなってしまうようなことになりやすい。よく頭脳線の長短と“頭脳の良し悪し”を結び付けている人がいるが、それは間違いだ。短く優秀な頭脳の持ち主はたくさんいる。問題は高齢になった時だ。短いと或る一定の年齢以上はカバーできなくなる。だから急速に衰えて来る。頭脳線が長いと、いつまでも現在の頭脳を維持できる。認知症になりにくい。但し、頭脳線が大きく下降していると“妄想”が強まっていく。実際にはないことを“あった”かのように思いこみやすい。そういう意味では、長ければ良いというものでもない。ただ比較的短い人は認知症になりやすい要素があることだけは知っていた方が良い。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.