今日の迷言・余言・禁言

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象”のどちらかであろう。元AKB48で現在女優の岩田華怜氏が自らのツイッターの中で「幻覚・幻聴」が続き苦しんでいることを告白した。ただ、その内容があまりに本格的過ぎて、通常の「幻覚」や「幻聴」の域を通り越している。ファンや関係者も心配しているようだ。もし、それが「金縛りで眠れない」程度であれば、比較的よくあることなので問題ないが「匂いまでする」ということになると、ファンたちが心配するのも無理はない。人にはそれぞれ“感受性の強弱”というものがあって、同じ現象に出遭っても“深く”傷ついてしまう人と、月日が経てば“消え失せて”しまう人とがいる。彼女の場合、おそらく元々神経は繊細なのだろうが、過去にファンからのストーカーに出遭っていて、その事件は一応解決はしたのだが、それによって過度に神経過敏になってしまった形跡がみられる。さらにホロスコープの上からは彼女の場合、水星と土星が“0度一体化”している点が私には気になった。水星と土星が組み合わさると、どうしても物事を深く考えてしまう傾向がみられる。どのアスペクトでもそういう傾向はあるが、特に0度と90度の場合にその傾向が顕著である。この惑星配置は、何かの専門的な技術者とか研究者とかであれば、探究心が強く、正確な数字を把握し、精密に理論を組み立てる等、他者の追従を許さない能力を発揮することもあるのだが、一般社会においては何事も考えすぎて“うつ的症状”に襲われるケースが多い。したがって、彼女のような“ステージ”や“舞台”に立つ仕事は本来は相応しいとは言えない。どうしても、仕事以外のことにも注意を向けがちだからである。こういう場合、ではどうすれば良いのかというと、今の仕事は仕事として行いながら、自分で興味のある“専門分野”をみつけて、その方面の技術とか資格習得を目指して学び出せば良いのだ。そうすると意識がそこに集中するので、あまり考えすぎたり、悩みすぎたりしなくなる。そういうものがないと、どうしても余計なことを深刻に考えすぎる。それは良くないと自分でも解かっているのだが、止められない。ホロスコープなどの占いで示される“惑星現象”は、それと“同等な何か”を行うことでクリアされるよう出来ている。自分の弱点を見出したなら、何に置き換えられるか考えるのも、賢い「運命の消化法」と言えるだろう。


最近の記事はこちら

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなけれ…続きを読む

「希望」は自らが“見つけ出す”もの

今年9月に池袋のホテルで死体で発見された36歳の女性は、容疑者として逮捕された私大生に“殺人を依頼”していたことが初公判で明らかとなった。被害者とは初対面であったのに、容疑者は「嘱託殺人罪」という珍し…続きを読む

「7本指のピアニスト」は“7年間”で蘇った

「業(ごう)」という言葉にはさまざまな解釈がある。「仕事・職業」という解釈もあるし「日頃の行い」という解釈もあるし「過去世の報い」的な解釈もある。とにかく運命的なニュアンスの強い言葉ではある。時々ピア…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.