今日の迷言・余言・禁言

推理小説なら“新たな女性”が登場する

『進撃の巨人』などの発掘で知られる敏腕編集者が“妻殺害の容疑”で逮捕された。以前から妻がDV相談もしていたようであるし、任意の取り調べでは「妻をヘッドロックした」との供述もあるようなので、衝動的に首を絞め、殺害した後で“偽装工作した”可能性が高いのであろう。子供たちに対する“教育方針”からしばしば衝突したらしいが、近年、そういう夫婦が増えてきている。その場合、単に夫と妻が対立するだけでなく“夫側の近親”&“妻側の近親”という対立にまで発展して泥沼化するケースも多い。特に一方が“教育者の家庭”とか、“医師の家庭”とか、“ハイレベルな学歴の家庭”の場合に、それが発生しやすい。まあ、何となく、その辺の人達は“同じような価値観”の相手を選ばないと、苦労しそうな気がする。ただ“価値観”というのは、育ってきた家庭環境が似ていれば共通しているか、と言えばそうでもない。一番影響するのは本人の性格から生み出される“幸福観”にある。そういう意味では“何を幸福と感じるか”は大変重要な意味を持つ。それによって“子育ての方針”はおのずと違ってくるからだ。逆に言えば、その辺が共通していれば、子供の教育方針で対立するようなことにはならない。それにしても、在日の敏腕編集者は、本当に“衝動的”だったのであろうか、それとも“計画的”だったのであろうか、その両方が入り交じった“発作的行動”だったのであろうか。推理小説なら、ここで“新たな女性”が登場する。つまり、数か月前から夫の方に“新たな女性”が出来ていて、そのことが単なる“子育ての対立”から“不倫疑惑”も加わって、より深刻なものになっていた。幼い子供たちは、暗黙ながら“妻に味方”する。5対1の空間、そういう中で掛って来た不倫相手からの電話と、それに気付いてしまった妻…。


最近の記事はこちら

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.