今日の迷言・余言・禁言

推理小説なら“新たな女性”が登場する

『進撃の巨人』などの発掘で知られる敏腕編集者が“妻殺害の容疑”で逮捕された。以前から妻がDV相談もしていたようであるし、任意の取り調べでは「妻をヘッドロックした」との供述もあるようなので、衝動的に首を絞め、殺害した後で“偽装工作した”可能性が高いのであろう。子供たちに対する“教育方針”からしばしば衝突したらしいが、近年、そういう夫婦が増えてきている。その場合、単に夫と妻が対立するだけでなく“夫側の近親”&“妻側の近親”という対立にまで発展して泥沼化するケースも多い。特に一方が“教育者の家庭”とか、“医師の家庭”とか、“ハイレベルな学歴の家庭”の場合に、それが発生しやすい。まあ、何となく、その辺の人達は“同じような価値観”の相手を選ばないと、苦労しそうな気がする。ただ“価値観”というのは、育ってきた家庭環境が似ていれば共通しているか、と言えばそうでもない。一番影響するのは本人の性格から生み出される“幸福観”にある。そういう意味では“何を幸福と感じるか”は大変重要な意味を持つ。それによって“子育ての方針”はおのずと違ってくるからだ。逆に言えば、その辺が共通していれば、子供の教育方針で対立するようなことにはならない。それにしても、在日の敏腕編集者は、本当に“衝動的”だったのであろうか、それとも“計画的”だったのであろうか、その両方が入り交じった“発作的行動”だったのであろうか。推理小説なら、ここで“新たな女性”が登場する。つまり、数か月前から夫の方に“新たな女性”が出来ていて、そのことが単なる“子育ての対立”から“不倫疑惑”も加わって、より深刻なものになっていた。幼い子供たちは、暗黙ながら“妻に味方”する。5対1の空間、そういう中で掛って来た不倫相手からの電話と、それに気付いてしまった妻…。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.