今日の迷言・余言・禁言

推理小説なら“新たな女性”が登場する

『進撃の巨人』などの発掘で知られる敏腕編集者が“妻殺害の容疑”で逮捕された。以前から妻がDV相談もしていたようであるし、任意の取り調べでは「妻をヘッドロックした」との供述もあるようなので、衝動的に首を絞め、殺害した後で“偽装工作した”可能性が高いのであろう。子供たちに対する“教育方針”からしばしば衝突したらしいが、近年、そういう夫婦が増えてきている。その場合、単に夫と妻が対立するだけでなく“夫側の近親”&“妻側の近親”という対立にまで発展して泥沼化するケースも多い。特に一方が“教育者の家庭”とか、“医師の家庭”とか、“ハイレベルな学歴の家庭”の場合に、それが発生しやすい。まあ、何となく、その辺の人達は“同じような価値観”の相手を選ばないと、苦労しそうな気がする。ただ“価値観”というのは、育ってきた家庭環境が似ていれば共通しているか、と言えばそうでもない。一番影響するのは本人の性格から生み出される“幸福観”にある。そういう意味では“何を幸福と感じるか”は大変重要な意味を持つ。それによって“子育ての方針”はおのずと違ってくるからだ。逆に言えば、その辺が共通していれば、子供の教育方針で対立するようなことにはならない。それにしても、在日の敏腕編集者は、本当に“衝動的”だったのであろうか、それとも“計画的”だったのであろうか、その両方が入り交じった“発作的行動”だったのであろうか。推理小説なら、ここで“新たな女性”が登場する。つまり、数か月前から夫の方に“新たな女性”が出来ていて、そのことが単なる“子育ての対立”から“不倫疑惑”も加わって、より深刻なものになっていた。幼い子供たちは、暗黙ながら“妻に味方”する。5対1の空間、そういう中で掛って来た不倫相手からの電話と、それに気付いてしまった妻…。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.