今日の迷言・余言・禁言

推理小説なら“新たな女性”が登場する

『進撃の巨人』などの発掘で知られる敏腕編集者が“妻殺害の容疑”で逮捕された。以前から妻がDV相談もしていたようであるし、任意の取り調べでは「妻をヘッドロックした」との供述もあるようなので、衝動的に首を絞め、殺害した後で“偽装工作した”可能性が高いのであろう。子供たちに対する“教育方針”からしばしば衝突したらしいが、近年、そういう夫婦が増えてきている。その場合、単に夫と妻が対立するだけでなく“夫側の近親”&“妻側の近親”という対立にまで発展して泥沼化するケースも多い。特に一方が“教育者の家庭”とか、“医師の家庭”とか、“ハイレベルな学歴の家庭”の場合に、それが発生しやすい。まあ、何となく、その辺の人達は“同じような価値観”の相手を選ばないと、苦労しそうな気がする。ただ“価値観”というのは、育ってきた家庭環境が似ていれば共通しているか、と言えばそうでもない。一番影響するのは本人の性格から生み出される“幸福観”にある。そういう意味では“何を幸福と感じるか”は大変重要な意味を持つ。それによって“子育ての方針”はおのずと違ってくるからだ。逆に言えば、その辺が共通していれば、子供の教育方針で対立するようなことにはならない。それにしても、在日の敏腕編集者は、本当に“衝動的”だったのであろうか、それとも“計画的”だったのであろうか、その両方が入り交じった“発作的行動”だったのであろうか。推理小説なら、ここで“新たな女性”が登場する。つまり、数か月前から夫の方に“新たな女性”が出来ていて、そのことが単なる“子育ての対立”から“不倫疑惑”も加わって、より深刻なものになっていた。幼い子供たちは、暗黙ながら“妻に味方”する。5対1の空間、そういう中で掛って来た不倫相手からの電話と、それに気付いてしまった妻…。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.