今日の迷言・余言・禁言

操り人形となった「SMAP」と「日銀」

「SMAP」と「日銀」を並べて、その共通性がすぐにピンとくる人は素晴らしい“感覚”の持ち主である。この両者がとった行動には共通点があるのだ。それは「国民みんなから好かれたい」という、八方美人的な“アイドル思考”である。けれども、所詮“みんなから好かれる”などということはありえないし、“大の大人”がそういう考え方をすること自体ちょっと“気持ち悪い”。けれども“アイドル”なら、それが許されるのだ。ただ「SMAP」も、もう“アイドル”として扱うには年齢が行き過ぎたし、「日銀」はなおのこと一番最初の“黒田バズーカ砲”の時だけで、“アイドル時代”は終わりを告げている。両者とも、もう「国民みんなから…」という発想を止めて、自立した“考え”や“生き方”を表さなければならない時期に来ている。もちろん、国民の中には未だに「アイドル」であってほしいと望む人たちもいる。“過去の幻影”に縋って生きている人達だ。けれども、世の中は日進月歩で移り変わっていて、その最前線にいるのが「TVタレント」であり「日銀」なのだ。「操り人形」は、遠くから見ると確かに美しい。けれども接近すると、常に黒子たちが右往左往していて慌ただしい。もうそろそろ独り立ちして、つまり“国民の顔色”など窺わないで、自立した思想で歩み始めても良いのではないか。自立に失敗した「SMAP」は、おそらく“二派”に分かれるだろうし、自立に失敗した「日銀」は、私がかつて予言した如く、“急激な円高”と“急落の株安”に見舞われた。そんなことは3月の時点で分かっていたはずなのに、“国民の顔色”を窺ったから失敗したのだ。


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.