今日の迷言・余言・禁言

“改名し続ける”という不幸

昔から改名し続ける人で「幸福な人」に出逢ったことがない。“改名”自体は悪いことだと思わないが、改名し続けることは“自分を見失うこと”で、決して良いことだと思わない。女性は結婚して「姓」が変わる。したがって、もし二回結婚して二回離婚したなら、姓名が何度も変わることになる。今は離婚後も婚姻姓をそのまま使い続けられるが、潔癖感の強い人は「実家姓」に戻すこともある。そうすると5回姓名を変えることになる。そう考えると、人生において3~4回姓名を変えること自体はそんなに特別なことではない、ということになる。ただ有名人の改名の場合、“公的な名前”だけに何度も変えると目立ちやすい。1980年代、石原真理子という女優がいた。“元祖プッツン女優”と呼ばれ“不倫報道”の多い女優であった。彼女は1993年に「石原真理絵」に改名する。そしてアメリカに留学、心理学や天文学を学んだ。そして、この時期、米国人と結婚もしている。その後、2006年に石原真理子に改名する。この年『ふぞろいな秘密』を出版する。或る意味で芸能界の暴露本であり、彼女と関わった多数の芸能人の実名が記載されていた。2009年「石原真理」に改名、かつてDV恋人であった歌手・玉置浩二氏と再会「婚約・同棲」が世間の注目を浴びた。ところが、半年もたたず破局。その後、フィリピンで事業を立ち上げたが失敗。報道が絶えた。そして昨日、彼女が再び今年2月より「石原真理子」に改名していたことが明らかとなった。どうして明らかになったのかというと、7月22日にコンビニで“弁当一個&お茶一本”を持ち逃げしようとしたとして通報され、警察から取り調べを受け、その容疑を認めたからである。多分、彼女はお腹がすいていたのだ。それにしても、その二つだけを盗もうとしたところに、彼女の“元々の育ちの良さ”が出ている。彼女に関して“悪く書く”ことは簡単である。そして、その方が一般の方からは共感してもらえるだろう。けれども運命家として、私にはそれは出来ない。彼女は何度も名前を変えた。多分、必死だったのだ。けれども、最初にも書いたが、何度も名前を変えるのは“運が良い悪い”という前に“自分自身を見失っている”からである。同時に、自分自身の“人生の選択”に疑問を感じているからでもある。そして、それは彼女だけでなく、多くの人達に共通した“正解の無い”「?」なのだ。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.