今日の迷言・余言・禁言

“改名し続ける”という不幸

昔から改名し続ける人で「幸福な人」に出逢ったことがない。“改名”自体は悪いことだと思わないが、改名し続けることは“自分を見失うこと”で、決して良いことだと思わない。女性は結婚して「姓」が変わる。したがって、もし二回結婚して二回離婚したなら、姓名が何度も変わることになる。今は離婚後も婚姻姓をそのまま使い続けられるが、潔癖感の強い人は「実家姓」に戻すこともある。そうすると5回姓名を変えることになる。そう考えると、人生において3~4回姓名を変えること自体はそんなに特別なことではない、ということになる。ただ有名人の改名の場合、“公的な名前”だけに何度も変えると目立ちやすい。1980年代、石原真理子という女優がいた。“元祖プッツン女優”と呼ばれ“不倫報道”の多い女優であった。彼女は1993年に「石原真理絵」に改名する。そしてアメリカに留学、心理学や天文学を学んだ。そして、この時期、米国人と結婚もしている。その後、2006年に石原真理子に改名する。この年『ふぞろいな秘密』を出版する。或る意味で芸能界の暴露本であり、彼女と関わった多数の芸能人の実名が記載されていた。2009年「石原真理」に改名、かつてDV恋人であった歌手・玉置浩二氏と再会「婚約・同棲」が世間の注目を浴びた。ところが、半年もたたず破局。その後、フィリピンで事業を立ち上げたが失敗。報道が絶えた。そして昨日、彼女が再び今年2月より「石原真理子」に改名していたことが明らかとなった。どうして明らかになったのかというと、7月22日にコンビニで“弁当一個&お茶一本”を持ち逃げしようとしたとして通報され、警察から取り調べを受け、その容疑を認めたからである。多分、彼女はお腹がすいていたのだ。それにしても、その二つだけを盗もうとしたところに、彼女の“元々の育ちの良さ”が出ている。彼女に関して“悪く書く”ことは簡単である。そして、その方が一般の方からは共感してもらえるだろう。けれども運命家として、私にはそれは出来ない。彼女は何度も名前を変えた。多分、必死だったのだ。けれども、最初にも書いたが、何度も名前を変えるのは“運が良い悪い”という前に“自分自身を見失っている”からである。同時に、自分自身の“人生の選択”に疑問を感じているからでもある。そして、それは彼女だけでなく、多くの人達に共通した“正解の無い”「?」なのだ。


最近の記事はこちら

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田桂一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.