今日の迷言・余言・禁言

文字通り「運命」を運んでいく船

ここ1~2年、欧州では中東などからの「移民・難民」問題が深刻化している。昨日、おとといも、難民を乗せた船が沈んだ。すし詰め状態の船が、岸まで辿り着けず転覆してしまうケースが多いのだ。仮に転覆しても、本格的な捜索はあまり行われない。元々が“密入国者”である彼らは、正確な人数も名前も“把握できていない”ケースが多い。日本円30万~70万くらいの金額を支払えば、船に乗せてくれる“密入国斡旋業者”が暗躍している。そうやって、必死の思いで欧州に来ても、すんなりと受け入れてくれる国はめったにない。いや、それどころか未成年の子供たちの多くは“途中で消えていく”のだ。いつの間にか“行方不明”となってしまう。斡旋業者が絡んだ「人身売買」に巻き込まれてしまうケースが多い。正確な数は把握できていないが、少なくとも未成年者の“行方不明者”は1万人を超える。ここ1年ほどで急激に増えた数字だ。我々はどうしても「人身売買」と聞くと、東南アジアやアフリカの貧しい国々を連想しがちだ。けれども今や“世界中”で起きている。世界各地で“地域紛争”があり、泥仕合が続いている。「平和に暮らしたい」「豊かに暮らしたい」人々は“難民”となり“移民”となって、“平和そうに見える国”や“豊かそうに見える国”めがけて歩を進める。かつての日本でも、そうやって故国を離れた人たちがいる。北朝鮮に向かった人々もいれば、ブラジルに向かった人々もいる。過酷な暮らしが待っていたのは言うまでもない。今日も“すし詰め状態”で多数の“命”が運ばれていく。「運命」は、どういう“手を差し伸べて”彼らを出迎えるのだろうか。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.