今日の迷言・余言・禁言

文字通り「運命」を運んでいく船

ここ1~2年、欧州では中東などからの「移民・難民」問題が深刻化している。昨日、おとといも、難民を乗せた船が沈んだ。すし詰め状態の船が、岸まで辿り着けず転覆してしまうケースが多いのだ。仮に転覆しても、本格的な捜索はあまり行われない。元々が“密入国者”である彼らは、正確な人数も名前も“把握できていない”ケースが多い。日本円30万~70万くらいの金額を支払えば、船に乗せてくれる“密入国斡旋業者”が暗躍している。そうやって、必死の思いで欧州に来ても、すんなりと受け入れてくれる国はめったにない。いや、それどころか未成年の子供たちの多くは“途中で消えていく”のだ。いつの間にか“行方不明”となってしまう。斡旋業者が絡んだ「人身売買」に巻き込まれてしまうケースが多い。正確な数は把握できていないが、少なくとも未成年者の“行方不明者”は1万人を超える。ここ1年ほどで急激に増えた数字だ。我々はどうしても「人身売買」と聞くと、東南アジアやアフリカの貧しい国々を連想しがちだ。けれども今や“世界中”で起きている。世界各地で“地域紛争”があり、泥仕合が続いている。「平和に暮らしたい」「豊かに暮らしたい」人々は“難民”となり“移民”となって、“平和そうに見える国”や“豊かそうに見える国”めがけて歩を進める。かつての日本でも、そうやって故国を離れた人たちがいる。北朝鮮に向かった人々もいれば、ブラジルに向かった人々もいる。過酷な暮らしが待っていたのは言うまでもない。今日も“すし詰め状態”で多数の“命”が運ばれていく。「運命」は、どういう“手を差し伸べて”彼らを出迎えるのだろうか。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.