今日の迷言・余言・禁言

文殊菩薩像は700年前の「経巻」缶詰

日本の古都である奈良には由緒ある寺院が多い。法華寺もそういう寺の一つだ。鎌倉時代につくられた仏像が安置されている。73㎝の比較的小さな「文殊菩薩坐像」も、その一つだ。このほど奈良国立博物館によるCTスキャン調査が行われた。2012年に何かが入っているらしいと調査されたが、本格的スキャンは今回が初めてだった。その結果、180点にも及ぶ「経巻」や「舎利容器」がぎっしりと詰められていることが判った。つまり、その当時、もっとも高貴な“知恵の集積”として崇められていた経典などを「文殊菩薩」に秘匿したのだ。それによって、この坐像は“仏の知恵”が詰まった本当の「文殊菩薩」となった。昔から、仏像の内部に何かを秘匿する技法はあった。かつてオランダの美術館で中国の仏像をCTスキャンしたところ、その内部に“僧侶の即身仏”がミイラ化されたまま埋められていることが判明した。この仏像は個人の収集家が購入したもので、何かが違うと感じて調査依頼が博物館に持ち込まれたものだった。「即身仏」というのは、自らの命を民衆救済のために捧げようとする行為で、その志自体は尊いが、現実にはミイラになったからといって民衆を救えるわけではない。それでも、世界各地に“似たような風習”は存在する。四柱推命でも「棄命(きめい)」と呼ばれる「格局」が存在する。格局というのは“運命の型”のようなものである。四柱推命では「棄命従財格」「棄命従児格」「棄命従殺格」等と呼ばれる。この場合の「棄命」は「財に従う」とか、「児に従う」とか、「(官)殺に従う」とかする形で、つまりは“お金のために命を捨てる”とか、“子供のために命を捨てる”とか、“仕事のために命を捨てる”とか言うことになる。そうすることで、かろうじて生きながらえることが出来る運命なのだ。そう言えば、子供のためには何もかも犠牲にしている人っていますよね。或いはお金の為だったら「死ねる」とか馬鹿なこと言う人いますよね。そして仕事の為と何もかも犠牲にして、でも、そういう人って意外と評価されていなかったり…やっぱり過激すぎるのは良くないようで。


最近の記事はこちら

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

“過去は幻”として選択した「ビートたけし」

私が「こいつはスゴイ‼」と驚いたのは、まだ世間的には「ビートたけし」の名が浸透していない頃であった。何気なく見た番組で吉田拓郎氏がゲストとして呼んだのがTVに出始めたばかりのビートたけし氏であった。そ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.