今日の迷言・余言・禁言

新しい「母になる」形の公表

歌手の浜崎あゆみ氏が自らの公式サイトで“第2子妊娠”を公表した。彼女は既に昨年11月に“第1子”を出産していたことを今年1月になって公表し、世間を驚かせた。そして今年の春には、彼女の自伝的ドラマ「M」も放映された。その中で彼女は、当時のプロデューサーであった松浦勝人氏(現エイベックス会長)と“深い関係”であったことも公表している。そういう中に在って、今回、公式サイトで“第2子の妊娠”を公表したことは深い意味を持つ。つまり、もう「結婚という形はとらない」という無言の宣言。確かに彼女にとって「結婚」は“苦い想い出”しかないはずなのだ。次に、昨年の“第1子”と今年の“第2子”とは、“同様の形”で産むことになる“同じ父親の子”であることを無言のうちに宣言している。そうでなければ、とても妊娠した“初期の段階”から“悦びの公表”は出来ない。さらに、初期の段階から公表したということは、相手の父親が、それを認めているということ、つまり「世間に公表して良い」とOKを出されているということでもある。なぜなら、既に「世間公認の仲」としてドラマ化されているから…ということではないかと思われる。数年前まで、公表はタブーだった。それは松浦氏には「妻」がいたからだが、正式離婚した現在は誰に臆することもない。したがって彼女の言葉には“後ろ暗い部分”がない。これまで、多くの女性達が経験した「未婚の母」「入籍なき妊娠」の“後ろ暗さ”がない。むしろ平成の時代を“寵児”として駆け抜けた女性が、今度は「新しい母の形」を示さんとするかのようである。それが日本ですんなりと「受け入れられるかどうか」は微妙だが、とりあえず“先駆者たらん”とする意識だけは十分に窺われる。考えてみれば、“結婚以外の妊娠や出産”が祝福されない方がおかしいのだ。近年、日本でも高収入の女性はたくさん出てきた。そういう女性達が、自らの“選択肢”として「結婚なしの母親」を望むことは少しも不自然ではない。そういう意味では、今後増えてくる可能性を予感させる「新しい母」の形なのだ。


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.