今日の迷言・余言・禁言

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は、その落ち込みが大きかったようだ。その理由は判然としていて、売り上げの4割以上を占める“ジャンボ宝くじ”の不振が際立っているからだ。つまり「ジャンボだけは買うよ」という人たちが買わなくなったのだ。なぜ、買わないのか。“宝くじ”としての魅力が薄れているからだ。では“宝くじの魅力”とは何かといえば「夢のようなお金が得られるかも…」というのが本来だったはずだ。ところが、近年の“宝くじ”には“改良”がない。何の変化もなく、同じような形式や賞金額で販売している。近年の社会情勢からすれば、賞金5億とか7億とか言っても、それほど“夢のようなお金”という印象を受けない。特に海外の“賞金金額”と比べると、あまりにも“ちっぽけな金額”で、とても“夢の金額”などとは恥ずかしくて言えない。しかも、日本の賞金額には工夫がない。あくまでも平均的な賞金額を当選人数と共に割り振っていく。それこそ“公正・均等”を好む日本式のやり方だが、元々が“夢を買う”のであれば、思い切った賞金額にしなければ意味がない。私が思うに、現在の金銭価値から言って1等20億円くらいが妥当な金額であるように思う。これを1本だけの当たりにすれば良いのだ。大体、1等の当選者が多すぎる。だから少ない金額を“山分け”にしなければならない。1等から3等までは“当選人数”を減らして高額にすれば良い。つまり、1等が20億、2等が10億、3等が1億で、前後賞など無くした方が良い。そして4頭以下はぐっと低額にして、その代りに当選人数を増やせば良いのだ。例えば、4等が30万円、5等が20万円、6等が10万円とし、それ以外は“すべて外れ券”とする。つまり、7等300円など不要なのだ。こうやって、高額賞金は当選者を少なく、低額賞金は当選者を多くして、これまでの“当選者数”とあまり変わらないように変更すればよい。大体、“外れ券なし”というふうな日本人的“妙な平等観”からの籤では面白くない。もっと面白い“宝くじ”をいろいろ考案すれば、必ず“宝くじ”人気は復活する。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.