今日の迷言・余言・禁言

新国名「マハルリカ(高貴に誕生)」が実現⁉

ときどき自分の“苗字(姓)”を嫌う人がいる。確かに特殊で印象的に良くない苗字の場合、変えたくなる気持ちはわかる。けれども、これまで家系的に使われてきた苗字を勝手に変えることは出来ない。もし、どうしても社会的に不都合が生じて変更したい場合には裁判所に出向かなければならない。個人の苗字でさえもそうなのだから、国家の名前である「国名」を変更するとなれば、もろもろの手続きが必要でよほどのことがない限り変更は難しい。しかし、それを決行しようとしている人物がいる。フィリピンのドゥテルテ大統領だ。元々「フィリピン」はスペインからやって来たマゼランによって「聖ロザリオ諸島」と呼ばれた。ところがマゼランは殺害され、続いてやってきたスペインの軍隊により征服されて「ラス・フィリピナス諸島」と呼ばれ、この名が現在の「フィリピン」に化した経緯がある。この名称は、植民地化した当時のスペイン皇太子「フェリペ」にちなんだものだ。その後350年間、フィリピンはスペインの植民地だった。その後、アメリカの植民地となり、1946年に独立するまで支配下にあった。私は昔、フィリピン女性と付き合ったことがある。明らかにスペイン系の血を引いた容貌の女性だったが、英語を話してキリスト教徒だったが、占いにも造詣が深くて占数術を得意としていた。スペインからの影響で国民の多くはキリスト教徒である。アメリカからの影響で国民の多くは英語を話す。つまり元々のマレー系の血と、スペイン系の血と、アメリカ系の血が入り交じっているのが“現代のフィリピン人”なのだ。実は「国名を変えるべきだ」と主張したのはドゥテルテ大統領が最初ではない。マルコス大統領もそれを望んでいたのだが一部から反対も出て実現しなかった。ドゥテルテ大統領が提案している国名は、現地語であるマレー系の言葉で「高貴に誕生した」という意味を持つ「マハルリカ」である。フィリピンが高貴に誕生したかどうか疑問だが、確かに独立国として16世紀のスペイン皇太子名を冠しているのもおかしいといえばおかしい。早くも一部から反対が出ているらしいが、果たして日本の元号が変わる頃、フィリピンは新国名に変わっているだろうか。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.