今日の迷言・余言・禁言

新宿の母『手相の真実』は“名前負け”の本だった

私が“栗原すみ子氏”のことを最初に知ったのは55年位前になる。私がまだ子供の頃だ。その頃、既に栗原氏は“伊勢丹横に立つ手相見”として有名になっていた。もちろん直接知ったのではなく雑誌に載っていたからだ。何となく興味を持った。特に私が興味深く思ったのは、テーブルも椅子もなく、立ったまま手相で鑑定していたことだ。しかも、その周囲には“のぼり”のようなものが建てられている。また手書きの手相図がいくつも貼りだされていて、そこに“玉の輿に乗る手相”とか、“結婚できない手相”とか、“大金持ちになる手相”とか、いろいろ書かれている。何となく怪しかった。けれども、そこには常に“長蛇の列”があった。若い女性達が群がっていたのだ。やがて栗原氏は「新宿の母」と呼ばれるようになり、風貌的にもどこか“母親っぽさ”が滲み出るようになった。いつの間にかマスコミの寵児ともなって、雑誌やTVに引っ張りだことなった。著書も何冊か刊行した。その中の一冊に『手相の真実』という本がある。大体、その人の著書を読むと、その人の鑑定方法が分かる。その鑑定人数は何十万人にもなるということで、私は注目して読ませていただいた。けれども正直なところ、がっかりの一語だった。とても何十万人もの人達を実際に鑑定してきた人の手相書とは言えなかった。『手相の真実』というタイトルだが、あまりにも粗雑な内容で“真実”からは程遠いよう思われた。粗雑な本はさして評判にもならなかった。彼女は“東北訛り”がきついのだが、それが独特の“母親っぽさ”を生み出していた。だから、地方から東京に出て来た若い女性達の“母親代わり”として、自らの体験を踏まえての“指導”に定評があった。つまり、彼女の占いは「手相」(のちに九星も加えられた)による判断と思われているが、どちらかというと彼女の体験的“人生勘による判断”と言って良かった。そこには田舎から出て来た先輩としての“人情”と“励まし”があった。「占い」は当たれば良いというものではない。おそらく彼女の「占い」は、当たったから評判を呼んだのではない。いつまでも“母親っぽかった”から支持されたのだ。ところが、マスコミは「当たる」と勘違いして宣伝をかける。そうすると、いつの間にか本人にも「当てなければ…」的な意識が強まり始めた。こうして「新宿の母」人気は、潮が引くようにしぼんでいった。


最近の記事はこちら

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.