今日の迷言・余言・禁言

日ハムの「ドーム球場」が浮遊している

米大リーグ機構コミッショナーのロブ・マンフレッド氏が、昨夜、大谷翔平選手も含めて新たなルールでの“移籍契約”となることを明言した。つまり「特別扱いはしない」と釘を刺したのだ。これによって、今年のオフにも“大リーグ移籍”が実現かと思われていた大谷選手だが、微妙な情勢となってきた。実は、これに困っているのは本人ではない。本人は“マイナーリーグ”からのスタートや、“少ない契約金”など意に介していない。ところが、日ハム球団にとっては大事なのだ。なぜなら日ハムは、新たなドーム球場を新設することを確約している。現在の「札幌ドーム球場」は、さまざまな点で不都合が出てきているのだ。そこで新たな球場の候補地として、現在、札幌に近い“北広島市”が誘致運動を活発化している。日ハム球団としては、最終的な結論は2018年3月までと決めている。早い話、それまでには“大谷翔平君の巨額の移籍金が入ってくるはず…”という胸算用であったのだ。ところが大リーグによる“新ルール”が適用されれば、一説には契約金は“20分の1”まで減ることになるという。もし、最初から“メジャー移籍”で“巨額の移籍金”を望むなら、2年間待たなければならない。日ハム球団にとって、この違いは大きい。新球場移設のために回せる金額が何十億と違ってくるからだ。そうなると、当然“新ドーム球場”選びは慎重になる。札幌市内でも、現在、札幌駅に近い“北大の構内”とか、自衛隊駐屯地が近い“真駒内地区”とか、これまでの札幌ドームに近い“八紘学園”所有地などが候補に挙がっている。ただ、どの地区も完全にOKが出ているわけではない。結局、お金の問題が絡む「新ドーム球場」は札幌付近の上空を浮遊しながら、静かに“着地地点”を模索している。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.