今日の迷言・余言・禁言

日ハムの「ドーム球場」が浮遊している

米大リーグ機構コミッショナーのロブ・マンフレッド氏が、昨夜、大谷翔平選手も含めて新たなルールでの“移籍契約”となることを明言した。つまり「特別扱いはしない」と釘を刺したのだ。これによって、今年のオフにも“大リーグ移籍”が実現かと思われていた大谷選手だが、微妙な情勢となってきた。実は、これに困っているのは本人ではない。本人は“マイナーリーグ”からのスタートや、“少ない契約金”など意に介していない。ところが、日ハム球団にとっては大事なのだ。なぜなら日ハムは、新たなドーム球場を新設することを確約している。現在の「札幌ドーム球場」は、さまざまな点で不都合が出てきているのだ。そこで新たな球場の候補地として、現在、札幌に近い“北広島市”が誘致運動を活発化している。日ハム球団としては、最終的な結論は2018年3月までと決めている。早い話、それまでには“大谷翔平君の巨額の移籍金が入ってくるはず…”という胸算用であったのだ。ところが大リーグによる“新ルール”が適用されれば、一説には契約金は“20分の1”まで減ることになるという。もし、最初から“メジャー移籍”で“巨額の移籍金”を望むなら、2年間待たなければならない。日ハム球団にとって、この違いは大きい。新球場移設のために回せる金額が何十億と違ってくるからだ。そうなると、当然“新ドーム球場”選びは慎重になる。札幌市内でも、現在、札幌駅に近い“北大の構内”とか、自衛隊駐屯地が近い“真駒内地区”とか、これまでの札幌ドームに近い“八紘学園”所有地などが候補に挙がっている。ただ、どの地区も完全にOKが出ているわけではない。結局、お金の問題が絡む「新ドーム球場」は札幌付近の上空を浮遊しながら、静かに“着地地点”を模索している。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.