素顔のひとり言

日ハム全選手を占いアドバイス

2004年の今年から、プロ野球の日本ハムファイターズが「札幌ドーム」にフランチャイズを移すことになったことは、ご存知の通りです。

その日ハム全選手68名を、それぞれの誕生日ごとに「スポーツ・ニッポン」紙上で、昨年の成績との比較を中心に、波木星龍が簡単に占いアドバイスを与えることとなりました。

その第1回目の掲載日は今日12日で、1976年1月12日生れの古城茂幸選手です。正直なところ、あまりスポーツに詳しくない私自身は名前もよく知らなかった選手です。

日ハムでもっとも有名な選手といえば、昨年、電撃的な入団で話題をさらった「世界のSHINJO」こと新庄剛志選手です。その新庄選手の誕生日は1月28日で、当然今月28日には彼に対するアドバイスも掲載されることになっています。興味のある方は28日のスポ・ニチを、ご覧下さい。

はっきり云って、スポーツ関連の占い予想は難しいものです。良い運勢であれば、良い成績になるかといえば、必ずしもそうとはいえないときがあるからです。

私は、昨年、同じ紙上の中で、プロ野球各チームの成績を占っています。セ・リーグの優勝チームをドラゴンズとし、パ・リーグの優勝チームをダイエーと予想していました。また、日ハムに関しては3位か4位になるだろう、と加えておきました。ご存知のように、セ・リーグはタイガーズが独走し、ドラゴンズは2位に終わりました。ダイエーと日ハムは予想通りの結果でした。スポーツ関連の成績予想の中で、これまで完璧に的中したのは、ワールドカップ・サッカーの日本チームの成績のみです。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.