今日の迷言・余言・禁言

日本が世界に飛躍する「ボイストラ」誕生!

ごく最近まで日本が、或いは日本人が、世界の人々から今一つ理解されにくかったのは「言葉の壁」があったからである。言葉の壁さえ取り除くことが出来れば、もっともっと世界を股にして活躍できるし、外国人たちからも理解されやすい。最近はIT機器のおかげで一瞬で画像が世界を駆け巡る。そのせいで日本は“観光大国”に変わりつつある。黙っていても、訪日外国人たちが気に入った画像や特質をSNSを使って拡散してくれるからだ。そういうわけで「日本」という国からの発信は問題なくなった。ところが「日本人」そのものへの理解、或いは「日本人」の“考え”や“才能”を上手く伝わらせることに関しては、まだまだ十分とは言えない。そういう意味で今後大いに活躍しそうなのが“音声翻訳アプリ”「ボイストラ」である。実は、これまでにも、日本語を外国語に翻訳してくれるソフトなどはいろいろとあった。その開発は1986年から始まっているからだ。ところが文法にそっていないと翻訳できないとか、翻訳機自体が大きすぎるとか、通訳するのに時間が掛かり過ぎるとか、いろいろな問題が出て役立たなかった。大昔、私も「世界言語翻訳機」なるものを購入し使ってみたことがある。これの何がいけないかというと、こちらから言いたいことを翻訳して相手に聞かせることは出来ても、相手からの言葉が翻訳されて返ってこないのだ。だから、結局、相手との言葉のやり取りが成り立たない。大昔、初めて中国に行った時、これを使って店員に「もっと別の製品を見せて欲しい」と語ってもらった。二人の女性店員は興味深そうにその翻訳機を見た。そして顔を見合わせて笑った。「すごいわね」と多分思ったのだ。そして、おもむろに、何かを説明し始めた。おそらく「この店舗にはこれ以外の製品は置いていないのです。もし、購入したいなら他の店舗に問い合わせますが…」多分だが、そういう風に言っていたのだろう。けれども、これは私の勘であって、翻訳機の言葉ではない。つまりは役立たなかったのだ。ところが、日本で2014年から始まった国家的なプロジェクトでは精鋭40名にも及ぶエキスパートたちが、どうすれば日本語、英語、中国語などを一瞬に訳して実用化できるか、さまざまな研究・実験を繰り返し、翻訳精度が飛躍的に改善されたらしい。17か国語に翻訳可能だそうで、それならどこに出掛けるときにも安心というものだ。ただ実際に使ったらダメだったということにならないか、やや不安だが…。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.