今日の迷言・余言・禁言

日本では「カジノ」の隣に「占いの館」がある?

何年か前、注目を集めた事件に大王製紙会長の“カジノ借金による横領事件”があった。2013年7月に懲役4年の実刑が下った元会長・井川意高氏だが、12月半ばに仮釈放となっていたらしい。カジノで106億円の借金を作った井川氏だが、俗にいう「カジノ法案」には無関心らしい。受刑中に“カジノ法案”に反対する各種団体から面会を申し込まれたらしいが、一切会わなかったようだ。彼の行動とは矛盾しているが“ギャンブルはすべて自己責任”だと割り切っているらしい。その彼に対して“カジノ”取材を試みるのもどうかと思うが、日本では成功しないだろう、というのが彼の観方だ。シンガポールやマカオでは“借金の取り立て屋”を配備できるが、“闇の勢力”と距離を置く日本では難しいというのが理由だ。確かに、マカオのカジノなどでは上階に「VIP室」を用意している。私は昔、間違えてそちらの方へ行ったら、鋭い眼の警備員に制せられた。井川氏に言わせると、カジノ経営が儲かるのは、VIPの客が億単位のお金を落としていくからだ。確かに、私のように“数千円の儲け”で喜んでいる客相手では豪華絢爛なホテルは成り立たない。さて、本題はここからだ。日本が目指すのは“統合型リゾート”で、親子連れや恋人同士でも楽しめる“テーマパーク的なカジノ”である。欧米をまねる必要はない。日本の誇る「パチンコ」を組み込めば良いのだ。欧米の単純なスロットよりも、ずっと楽しめる。近年、パチンコ業界は衰退しているが、パチンコ本来の“遊戯性”を強め“大当り”の確率を上げ、本格カジノへの“入り口用マシン”として導入すればよい。但し、北朝鮮との関係が疑われる業者は排除する。カジノの隣に併設すべきものとして「占いの館」を導入するのはどうだろう。もちろん、訪日外国人相手の“各国語の通訳を常備した占い”を主体とすべきである。台湾や香港などでは“観光客相手・外国人相手の占い街”が存在する。日本にも、それがあってよい。それが必ず“カジノの隣にある”ものとして定着するのが理想だ。日本の占いレベルを引き上げることが出来れば、必ずカジノの隣には「占いの館」と世界に知れ渡っていくだろう。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.