今日の迷言・余言・禁言

日本では許されない「不倫」という劇薬

女優の斉藤由貴さんが“不倫報道”を受けて記者会見を開いた。今年はこの手の報道が多い。多くの場合は「否定会見」となる。もっとも、現在は昔と違って“推定”や“憶測”だけで記事にされることはほとんどない。したがって、一流の誌面に載った時には観念した方が良い。ただ日本の場合、不倫報道は仕事に大きく影響する。日本人は元々“潔癖観”の強い民族で、宗教民族ではないのだが背徳行為を許さない意識が強い。かつて石田純一氏が「不倫は文化」と発言して窮地に陥ったように、不倫を肯定的に捉えるとバッシングを受ける傾向が強い。けれども、石田氏の発言にも一理あって、歴史的に見れば様々な芸術や文学は“不倫”を土壌に生れて来たものである。“許されない愛”が数々の“哀しい物語”を生み出し、世界中の人達に共感を与えた。ましてや“役者”という職業は、さまざまな役柄になりきらなければならない。そういう時に過去の体験は“迫真の演技”を産む。経験しているのと、頭で知っているのとでは“天と地”ほどの違いがある。私のような占い師という立場の職業でも、さまざまな体験は相談者にとって、その選択上のポイントの一つになる。昔から「恋の病」というくらいで、占い師の元を“不倫相談”に訪れる人は多い。本人が不倫をしている場合も多いが、配偶者が不倫をしている場合の相談例も多い。その“それぞれ”に対して、過去の体験から語れる占い師は“頼もしい味方”となって解決につなげる場合が多い。けっして誇れるようなことではないが、私自身も昔、“不倫”いう理由から離婚に至った。ギクシャクしていた時期だとはいえ、今考えると“愚かな幻想”が支配していたと思うが、その時にはなかなか冷静になれないものである。特に自然の成り行きの中で、相手側から誘われた場合、衝動に逆らって魅力的な相手を拒絶するのは余程意志が強くないとできない。多くの場合、家庭も大切にしたいが、今の“この愛”も大切にしたい、などと勝手なことを思うものだ。けれども、神様はよくしたもので、必ず「懺悔の部屋」を用意している?


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.