今日の迷言・余言・禁言

日本では許されない「不倫」という劇薬

女優の斉藤由貴さんが“不倫報道”を受けて記者会見を開いた。今年はこの手の報道が多い。多くの場合は「否定会見」となる。もっとも、現在は昔と違って“推定”や“憶測”だけで記事にされることはほとんどない。したがって、一流の誌面に載った時には観念した方が良い。ただ日本の場合、不倫報道は仕事に大きく影響する。日本人は元々“潔癖観”の強い民族で、宗教民族ではないのだが背徳行為を許さない意識が強い。かつて石田純一氏が「不倫は文化」と発言して窮地に陥ったように、不倫を肯定的に捉えるとバッシングを受ける傾向が強い。けれども、石田氏の発言にも一理あって、歴史的に見れば様々な芸術や文学は“不倫”を土壌に生れて来たものである。“許されない愛”が数々の“哀しい物語”を生み出し、世界中の人達に共感を与えた。ましてや“役者”という職業は、さまざまな役柄になりきらなければならない。そういう時に過去の体験は“迫真の演技”を産む。経験しているのと、頭で知っているのとでは“天と地”ほどの違いがある。私のような占い師という立場の職業でも、さまざまな体験は相談者にとって、その選択上のポイントの一つになる。昔から「恋の病」というくらいで、占い師の元を“不倫相談”に訪れる人は多い。本人が不倫をしている場合も多いが、配偶者が不倫をしている場合の相談例も多い。その“それぞれ”に対して、過去の体験から語れる占い師は“頼もしい味方”となって解決につなげる場合が多い。けっして誇れるようなことではないが、私自身も昔、“不倫”いう理由から離婚に至った。ギクシャクしていた時期だとはいえ、今考えると“愚かな幻想”が支配していたと思うが、その時にはなかなか冷静になれないものである。特に自然の成り行きの中で、相手側から誘われた場合、衝動に逆らって魅力的な相手を拒絶するのは余程意志が強くないとできない。多くの場合、家庭も大切にしたいが、今の“この愛”も大切にしたい、などと勝手なことを思うものだ。けれども、神様はよくしたもので、必ず「懺悔の部屋」を用意している?


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.