今日の迷言・余言・禁言

日本の「お宝美術品」が各国に眠っている⁉

大英博物館は9月3日、江戸時代の浮世絵師である葛飾北斎の“本の挿絵原画”103点がフランスで見つかり、それらすべてを収蔵したと発表した。それらの作品は順次ウェブサイトで公開し、早ければ来年にも“一般展示する”予定であることをも伝えた。一連の作品は、1829年に本の挿絵として描かれたもので、1948年にオークションにかけられ、その後フランス人コレクターが秘蔵していたものらしく、昨年パリで発見された。今や「葛飾北斎」の名は世界に通用する。日本人のわれわれが観ても素晴らしいと感銘するが、とりわけフランスでの評価が高い。ゴッホなどヨーロッパの画家には“浮世絵”の影響を受けた人物も多いのだ。江戸時代には、我が国はまだ“鎖国状態”だったはずなのに、こと“浮世絵”などの芸術作品は海外のコレクターに流れたものも多く、フランスやオランダやアメリカや中国などで、日本の“未公開の作品”が埋れたままになっている可能性はまだまだある。美術品というのは、人によってその価値観がまったく異なる。ある人にとっては「国宝級の作品」が、ある人にとっては「紙くず同然」に過ぎなかったりする。したがって、コレクターだった人物が亡くなった後、二束三文で処理されてしまうようなケースも多い。考えてみれば、私が所有している“占いの古書”なども、必要のない人にとっては“ゴミの山”にしかすぎず、そういう扱いを受ける可能性は十分にある。占い専門の古書店では、時々、異常に高い値のついた古書を見掛ける。それは古書店主が、或いはコレクター的な人物が、その古書に対して価値を見出しているからだが、あまりに高額だと、さすがに“売れ残って”いつまでもある。もう少し“値”を下げれば、購入したい人はいるだろうに…と思うことが多い。作品としての“価値”も大切だが、誰にも読まれることなく埃だらけになって、世の中に“埋もれてしまう”ことの方が、私には損失であるよう思う。古書というのは、当たり前の話だが、売れても著者には一円たりとも印税が入らない。売れないまま“取り残される”より、読まれてその価値を見出される方が、著者にとってもどれだけ嬉しいことだろう。占いの古書の場合、購入者は大体がプロ占い師か、プロではなくても研究者に決まっている。プロ占い師で“大金持ち”の人など滅多にいない。そして“大金持ち”の占い師は、そういう本には興味を示さない。これからの時代は“埃塗れの本”自体が敬遠される。若者は、手にさえ取ろうとしない。古書店が、なぜ頑なに“高額の価格”を守り続けるのか知らないが、もう少し柔軟性があって良いような気がする。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.