今日の迷言・余言・禁言

日本の「へそ付近」が“危険”なのか

22日から23日にかけてフィリピン・ルソン島のマヨン山で上空1万メートルに達する噴火が発生した。インドネシアでも23日、M6.0の地震が発生、ジャカルタ郊外の道路に亀裂が走るなどの被害があった。同じく23日、アメリカのアラスカ沖でもM7.9の地震が発生、広い範囲への津波が警戒されている。そういう中で、日本では草津白根山で予期せぬ噴火が起こった。たまたま近くで訓練していた自衛隊員に死者や重傷者が出ている。そう言えば4年前にも御嶽山で大規模な噴火が発生して58名が死亡していた。世界のあちこちで火山噴火や大きな地震が起こる時、決まって日本でも“何か”が起こる。しかも、その多くは日本列島の“真ん中付近”で起こる。言ってみれば、日本の「へそ付近」にある火山とか、地震地域の街が危険なのだ。そういう意味では浅間山や箱根山、そして極めつけは富士山など日本の「へそ付近」が要警戒地域なのだ。かつて「富士山大噴火」という“恐ろし気な研究”が注目されたことがあったが、連鎖的な火山噴火や地震は「地球生命体」の“うめき”のようにも、私には思える。なるべく人間が居住しない地域で“うめいて”欲しいものだ。大体、地震とか噴火とかは“忘れたころ”にやって来るもので、気が緩んだ頃に発生する“人生上の災難”とどこか似ている。人生が思い通りに行かないのは、この“予期せぬ災難”というのが発生するからである。それも、決まって“気が緩んだ時”に発生する。思いもかけないような形で襲って来るのだ。先日、或る女性の手相を観た時、ハッとさせられる徴があった。一瞬、告げるべきかどうか迷った。私は彼女がまだ若く、美しく、希望に満ちている表情を見た時、不吉な言葉を飲み込んでしまった。仮に、その不幸が的中したとしても、彼女を幸福にすることは出来ない。彼女には、それが起こる直前まで“活き活きと”生きて欲しいからだ。


最近の記事はこちら

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

ちょっと恥かしい「現金200円」の恐喝

多分だが茨城県警はこの事件を公表する時ちょっと気恥ずかしかったに違いない。なぜなら事件は「現金200円の恐喝事件」であり、それも無職の41歳の男と13歳の中学生の間で「大人をなめんじゃねぇ」といって脅…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.