今日の迷言・余言・禁言

日本の「古典芸能」が“再評価”される日

東京オリンピックの“総合演出担当”として狂言師・野村萬斎氏が抜擢された。これまで“競技場設計”の選出など、いろいろとトラブルが多かった東京五輪だが、この“総合演出担当”の選抜には異論が出ていない。実際「日本の美」を表現するのに、これほどふさわしい人材はいない。私は“世界的なデザイナー”等を充てるのではないかと思っていたので、意外な人選に驚いたが、おそらく今度は“異論の出ない人物”を探し求めた結果に違いない。私が野村萬斎氏の人選を良いと思うのは、同じ日本の“古典芸能”でも、“歌舞伎”の方は世界的に広く知られているが、“能や狂言”の方は知られていないように思うからだ。つまり、日本の古典芸能は歌舞伎だけではないということを世界に知らしめる意味でも、彼が選抜された意味は大きいと思うのだ。次に占い的な面からも、彼の顔貌は、眉が長く“への字型”で古典芸術に最もふさわしい形状をしている。さらに鼻の下の“人中”もクッキリしていて“伝承能力”にたけている。その一方で、耳は内郭がかなり突き出ていて“思想的自己主張”の強い相である。こういう耳は時に伝統を破壊し、自ら創始する独創力を持っている。つまり、伝統的な部分と独創的な部分を“調和して完成させる”稀有な人材なのだ。生年月日によるホロスコープにもそれは現れ、水星が“伝承の星”土星と一体化し、“幻想美”を作る海王星と120度だ。つまり文学者や詩人、或いは映像作家に多い惑星配置だ。しかも水星は“博学”の木星とも90度でアスペクトし、諸外国にも通づる術を心得ている。そして太陽は“改革の星”天王星や“再生の星”冥王星ともアスペクトし、異色の形で“生命力を再現する”に違いない。しかも、開催される2020年8月は、トランジットの海王星も出生時の水星と0度で一体化し、彼の“幻惑の才能”を世界に知らしめてくれる、絶好のチャンスなのだ。


最近の記事はこちら

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.