今日の迷言・余言・禁言

日本の「古典芸能」が“再評価”される日

東京オリンピックの“総合演出担当”として狂言師・野村萬斎氏が抜擢された。これまで“競技場設計”の選出など、いろいろとトラブルが多かった東京五輪だが、この“総合演出担当”の選抜には異論が出ていない。実際「日本の美」を表現するのに、これほどふさわしい人材はいない。私は“世界的なデザイナー”等を充てるのではないかと思っていたので、意外な人選に驚いたが、おそらく今度は“異論の出ない人物”を探し求めた結果に違いない。私が野村萬斎氏の人選を良いと思うのは、同じ日本の“古典芸能”でも、“歌舞伎”の方は世界的に広く知られているが、“能や狂言”の方は知られていないように思うからだ。つまり、日本の古典芸能は歌舞伎だけではないということを世界に知らしめる意味でも、彼が選抜された意味は大きいと思うのだ。次に占い的な面からも、彼の顔貌は、眉が長く“への字型”で古典芸術に最もふさわしい形状をしている。さらに鼻の下の“人中”もクッキリしていて“伝承能力”にたけている。その一方で、耳は内郭がかなり突き出ていて“思想的自己主張”の強い相である。こういう耳は時に伝統を破壊し、自ら創始する独創力を持っている。つまり、伝統的な部分と独創的な部分を“調和して完成させる”稀有な人材なのだ。生年月日によるホロスコープにもそれは現れ、水星が“伝承の星”土星と一体化し、“幻想美”を作る海王星と120度だ。つまり文学者や詩人、或いは映像作家に多い惑星配置だ。しかも水星は“博学”の木星とも90度でアスペクトし、諸外国にも通づる術を心得ている。そして太陽は“改革の星”天王星や“再生の星”冥王星ともアスペクトし、異色の形で“生命力を再現する”に違いない。しかも、開催される2020年8月は、トランジットの海王星も出生時の水星と0度で一体化し、彼の“幻惑の才能”を世界に知らしめてくれる、絶好のチャンスなのだ。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.